コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミッシング・リンク missing link

翻訳|missing link

世界大百科事典 第2版の解説

ミッシング・リンク【missing link】

失われた環〉ともいう。一般的には,ある完結する系において欠けている部分をいう。C.ダーウィンが,〈人間とサルとをつなぐ鎖の環となる化石が欠けている〉(《人類の起源》1871)と述べたことでよく知られている。ドイツの生物学者E.H.ヘッケルは,ダーウィンの進化的考え方を生物の自然分類に適用し,いわば横の関係である生物の類縁性の疎密を時間的な縦の関係に置きかえて,たとえば類縁関係の遠い生物どうしほど古い時代に分岐したと考えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ミッシング・リンクの関連キーワードレイモンド・アーサー ダートアウストラロピテクスミッシング・リンクブラック・ホールミッシングリンク失われた鎖シアッチ猿人

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android