ミッチェル(読み)みっちぇる(英語表記)Joni Mitchell

  • 1943―

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カナダのシンガー・ソングライター。アルバータ州マクロードに生まれる。本名ロバータ・ジョーン・アンダーソンRoberta Joan Anderson。自立した女性の生き方が議論され、ポップ・ミュージックとアートの境界が消えた1960年代の時代精神を成熟させたシンガー・ソングライターの代表である。
 ミッチェルはまずフォーク・シンガーとしてキャリアをスタートさせるが、彼女自身のパフォーマンスよりはむしろ自作曲が高く評価される。ミッチェルの作品を取り上げたのは、ボブ・ディラン、フェアポート・コンベンション、ジュディ・コリンズJudy Collins(1939― )、ナザレス、ジョニー・キャッシュJohnny Cash(1932―2003)、そしてクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングなどである。
 10代でトロントのフォーク・ソング・クラブで活動を始め、1965年にはアメリカ、デトロイトに拠点を移す。1966年にはニューヨークに移り、リプリーズ・レコードと契約。『ジョニ・ミッチェル』(1968)、全米ヒット・チャート・トップ40入りした『青春の光と影』(1969)をリリース。前者には「イースタン・レイン」「サークル・ゲーム」、後者には「青春の光と影」などのスタンダードになったナンバーが収録されている。続く『レディーズ・オブ・ザ・キャニオン』(1970)、『ブルー』(1971)、『バラにおくる』(1972)と作品を重ねるごとにスケール・アップしていった。
 『ブルー』までの作品はギターの変則チューニングを生かしたものや、ダルシマー、ピアノをバックにシンプルに歌われていたが、『バラにおくる』からはジャズの要素が取り入れられ、ミッチェルはサウンドの実験に取り組む。当初はトム・スコットTom Scott(1948― 、サックス)がリーダーを務めるL.A.エクスプレス、次いでウェザー・リポートと、エレクトリック・ジャズ、フュージョン・ミュージックの最先端グループとのコラボレーションを通じて、レベルの高い作品を相次いで発表した。
 『コート・アンド・スパーク』(1974)で、それまでのフォーク的な作品にロックン・ロールとジャズを融合することに成功すると、『夏草の誘い』(1975)ではよりフュージョン・ミュージックに接近する。『逃避行』(1976)は、天才ベーシスト、ジャコ・パストリアスをフィーチャーし、ジャズ的な要素を吸収した実験的サウンドを焦点にミッチェルの新しい世界は完成された。ウェザー・リポートの全面的な協力のもとで制作された2枚組アルバム『ドン・ファンのじゃじゃ馬娘』Don Juan's Reckless Daughter(1977)は、前作に第三世界の音楽に対する視点や組曲風の壮大な曲も加わった、ミッチェルの創造力の頂点を示したアルバムである。続いて、ジャズ・ベースの巨人チャールズ・ミンガスの曲にミッチェルが歌詞を付けた『ミンガス』(1979)ではより前衛的なアプローチをみせ、リスナーを驚かせた。この路線の集大成が2枚組ライブ・アルバム『シャドウズ・アンド・ライト』(1980)である。その後、音楽的に新たな展開はないが、質の高いアルバムで存在感を示している。[中山義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミッチェルの関連情報