コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミッチェルリヒ Mitscherlich, Eilhardt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミッチェルリヒ
Mitscherlich, Eilhardt

[生]1794.1.17. ノイエンデ
[没]1863.8.28. ベルリン
ドイツの化学者。ベルリンにあった植物学者 H.リンクの実験室で研究した (1818~20) のち,ベルリン大学化学教授 (21) 。 1819年に結晶形と化学組成の間に類似の関係があること (同形 ) を発見。ほかに,セレン酸の発見 (27) ,単斜晶系硫黄の発見 (23) ,ベンゼンの命名,ニトロベンゼンの初の合成 (32) ,触媒作用の研究でも知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ミッチェルリヒ

ドイツの化学者。初め東洋語に興味をもちハイデルベルク大学で学び,のちベルリンストックホルム大学等で化学を学ぶ。1822年ベルリン大学教授。結晶について研究し,1819年同形律を発見。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミッチェルリヒ【Eilhard Mitscherlich】

1794‐1863
ドイツの化学者。ミッチャーリヒとも。オルデンブルク近郊に牧師の息子として生まれる。ハイデルベルク,パリ,ゲッティンゲンで言語学,医学を学ぶが,やがて化学にひかれ,1818年ベルリンに行き,J.J.ベルセリウスの下で研究をした後,ベルリン大学員外教授を経て,25年同正教授となり,終生この職にあった。1819年の〈同形の法則〉の発見をはじめ,鉱物学や結晶学,さらに無機化学,有機化学における多方面にわたる研究がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ミッチェルリヒ【Ernst Eilhard Mitscherlich】

1794~1863) ドイツの化学者。化学組成の似た物質の結晶は同形になるという同形律を確立、元素の周期的類似性について研究。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミッチェルリヒ
みっちぇるりひ
Eilhard Mitscherlich
(1794―1863)

ドイツの化学者。初めハイデルベルク大学で東洋語を学び、ついでパリ大学でペルシア語を修得した。ナポレオンにより、ペルシアに外交官として派遣されることを望んでいたが、ナポレオンが失脚したためドイツに戻った。そして船医として東洋に向かう船に乗り込むことを期待して、ゲッティンゲン大学で医学の勉強を始めた。しかし化学への関心が増大し、ベルリンへ行き結晶学を学んだ。その際、リン酸カリウムとヒ酸カリウムの結晶形の類似に気づいた。研究のすえ、金属硫酸塩の多くは結晶水の量が等しければ同じ結晶形をとることを確認した(1818~1819)。さらに2年ほど、ストックホルムのべルツェリウスのもとで研究を続け、先の発見を同形律として一般化した(1822)。すなわち、結晶の形は原子の性質にはよらず、構成原子の数および結合の仕方のみで決まる。よって、同じ結晶形をとる化合物は、互いに分子式が似ているはずである。ベルツェリウスは、分子式の決定に同形律を利用し、原子量をより正確に算定できるようになった。しかしミッチェルリヒはまた、同じリン酸塩が、再結晶により異なった結晶形をとりうる(同質異形)こともみいだした。これにより、結晶の劈開(へきかい)面の角度で各化合物を特徴づけようとしたアウイの考えは、成り立たなくなった。有機化学の分野では、ベンゼンとその誘導体を研究した。硫酸の脱水作用の考察から触媒の考えに近づき、発酵をその観点から研究した。また、実用的な検糖計を考案した。彼はベルリン大学の化学教授として、長く研究と教育に従事した。[吉田 晃]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミッチェルリヒの関連キーワードベンゼン環化学組成ブンゼン民族意識検糖計

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android