ミツキェビッチ(読み)みつきぇびっち(英語表記)Adam Mickiewicz

日本大百科全書(ニッポニカ)「ミツキェビッチ」の解説

ミツキェビッチ
みつきぇびっち
Adam Mickiewicz
(1798―1855)

ポーランドロマン派最大の詩人。白ロシア(ベラルーシ)の貧乏貴族で弁護士の息子として生まれ、ビリニュス大学文学部に学ぶが、すでに在学中に秘密学生結社「フィロマート会」の中心メンバーとなり、愛国的革命運動に参加した。詩集『青春への頌詩(しょうし)』(1820)は、自由と博愛と進歩への青年たちの戦いの歌となった。コブノで教師として働く間に詩集『バラードロマンス』(1822)、長編劇詩『父祖の祭』第二部、第四部(1823)を発表したが、前者は新しいロマン主義の先触れとなる作品集、後者はロシア皇帝の悪政に対する戦いで生まれた夢幻的な象徴詩劇である。なお『父祖の祭』第一部は未完に終わり、第三部はドレスデンで発表された(1833)。

 リトアニアでの青年秘密組織発覚でロシア官憲に逮捕され、裁判の結果、ミツキェビッチはロシアへ追放となり、1824年ペテルブルグに行き、のちにデカブリストとして処刑されたルイレーエフ、ベストゥージェフ・マルリンスキーらとも交わった。その後オデッサ(現、オデーサ)へ移り、1825年3月から11月まで滞在するが、その間にクリミア半島を旅して『クリミア・ソネット』(1826)を書いた。モスクワ滞在は1828年4月までで、すでに詩人としても有名になった彼は、モスクワ、ペテルブルグの文学界・社交界の仲間となり、プーシキンポレボイ、ビャーゼムスキーらと親交を結んだ。『コンラド・ワレンロド』は1828年ペテルブルグで出版された。プーシキンらの努力もあって1829年5月ロシアを出国、ヨーロッパへの旅に向かうが、ローマへの途次ワイマールでゲーテに会った。1830年のワルシャワ蜂起(ほうき)失敗の報を聞きパリに亡命、代表作『パン・タデウシュ』(1834)を書く。ナポレオンのロシア侵攻とリトアニアの美しい自然を背景に当時のポーランド貴族の生活を描いたこの作品は、祖国への思慕にあふれた不朽の傑作とされる。

 1848年、イタリア独立運動を助けるためローマで「ポーランド軍団」を組織したが鎮圧され、クリミア戦争(1853~1856)の勃発(ぼっぱつ)とともにコンスタンティノープルへ行って「ポーランド義勇軍」を組織しようとする(1855)が、コレラに倒れた。

[吉上昭三]

『樹下節訳『バラードとロマンス クリミヤ・ソネット』(『世界名詩大成15 北欧・東欧』所収・1963・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「ミツキェビッチ」の解説

ミツキェビッチ(Adam Mickiewicz)

[1798~1855]ポーランドのロマン派の代表的詩人。独立運動に参加、多数の愛国詩を書いた。長編叙事詩「パン‐タデウシュ」など。ミツキェービチ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android