コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニェ ミニェ Mignet, François (-Auguste-Marie)

2件 の用語解説(ミニェの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミニェ
ミニェ
Mignet, François (-Auguste-Marie)

[生]1796.5.8. エクサンプロバンス
[没]1884.3.24. パリ
フランスの歴史家。アビニョンで学び,1815年教授となる。 18年弁護士になり,24年大著『フランス革命史』 Histoire de la révolution françaiseを発表。次いで新聞記者となり,王政復古期の 30年 L.ティエールとともに『ナショナル』 National紙を創刊,編集。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミニェ
みにぇ
Franois Auguste Marie Mignet
(1796―1884)

フランスの歴史家。南フランスのエクス生まれる。パリに出て、ジャーナリストとなった。『ナシオナル(国民)』紙でチエールと伍(ご)し、復古王政期のユルトラ(極右派)に抗して、自由主義と議会制民主主義を鼓吹した。チエール同様、歴史に筆を染め、1824年に『フランス革命史』を著した。同書はチエールの革命史とともに、最初の本格的で客観的な革命叙述書の評が高い。ジャーナリズムで鍛え上げた人物と世相に対する識見を軸に、国民議会の成立からナポレオン帝政の終末までを、主として檜(ひのき)舞台の動静から描いた正史といえる。議会の弁論や議員の箴言(しんげん)や回想を織りまぜて、事件の突発性を丹念に追いつつ、事態の帰結を因果の線だけで追求した印象が強く、サント・ブーブやミシュレから「必然史派」の異名を受けた。1830年、7月革命のきっかけとなる新聞人の政府抗議文に積極的に署名。革命後、外交文書の担当官として国務相に列したが、48年に辞任。ひたすら書斎に閉じこもり、歴史の研究に没頭した。主書に『スペイン継承戦争の序章』(1843)、『メアリー・スチュアートの歴史』(1851)、『フランソア1世とカール5世交戦史』(1875)がある。[金澤 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミニェの関連キーワードエクサエクサンプロバンスシンプロン峠燃え種エクスアンプロバンスコンプレクサンサントビクトワール山エクサージュエクサン・プロヴァンス音楽祭エクサン・プロバンス

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone