コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミネザクラ

2件 の用語解説(ミネザクラの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ミネザクラ

タカネザクラとも。北海道,本州中北部の高山〜深山にはえるバラ科の落葉小高木または低木。幹は基部からよく分枝する。葉は広倒卵形で重鋸歯(きょし)をもち,長さ4〜8cm,葉柄は無毛で上部に1対の腺がある。
→関連項目サクラ(桜)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミネザクラ
みねざくら / 峰桜・嶺桜
[学]Prunus nipponica Matsum.

バラ科の落葉小高木または低木。山地帯から高山帯の下部まで生えるので、タカネザクラ(高嶺桜)ともいう。葉は互生し、倒卵状楕円(だえん)形で長さ5~7センチメートル、先は尾状にとがり、縁(へり)に重鋸歯(きょし)がある。5~7月、雪解けとともに、赤褐色の新葉と同時に径2~2.5センチメートルで淡紅色の5弁花を1~3個散形状につける。小花柄、萼(がく)ともに毛はなく、萼片には細かい鋸歯がある。果実は広楕円形で長さ約8ミリメートル、紫黒色に熟す。中部地方以北の本州、北海道、および樺太(からふと)(サハリン)、南千島に分布する。成葉の裏面脈上、葉柄、小花柄、萼など、またはその一部に毛のある変種をチシマザクラという。母種のミネザクラと混生するが、北海道には毛の多いチシマザクラ型のものが多い。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミネザクラの関連キーワード矩差黒鵐高嶺桜白山小桜豆桜峰桜高嶺日陰蝶利尻山高倉新一郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミネザクラの関連情報