コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミネザクラ

百科事典マイペディアの解説

ミネザクラ

タカネザクラとも。北海道,本州中北部の高山〜深山にはえるバラ科の落葉小高木または低木。幹は基部からよく分枝する。葉は広倒卵形で重鋸歯(きょし)をもち,長さ4〜8cm,葉柄は無毛で上部に1対の腺がある。
→関連項目サクラ(桜)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミネザクラ
みねざくら / 峰桜・嶺桜
[学]Prunus nipponica Matsum.

バラ科の落葉小高木または低木。山地帯から高山帯の下部まで生えるので、タカネザクラ高嶺桜)ともいう。葉は互生し、倒卵状楕円(だえん)形で長さ5~7センチメートル、先は尾状にとがり、縁(へり)に重鋸歯(きょし)がある。5~7月、雪解けとともに、赤褐色の新葉と同時に径2~2.5センチメートルで淡紅色の5弁花を1~3個散形状につける。小花柄、萼(がく)ともに毛はなく、萼片には細かい鋸歯がある。果実は広楕円形で長さ約8ミリメートル、紫黒色に熟す。中部地方以北の本州、北海道、および樺太(からふと)(サハリン)、南千島に分布する。成葉の裏面脈上、葉柄、小花柄、萼など、またはその一部に毛のある変種をチシマザクラという。母種のミネザクラと混生するが、北海道には毛の多いチシマザクラ型のものが多い。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミネザクラの関連キーワードタカネザクラ(高嶺桜)サクラ(桜)チシマザクラ小林義雄

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミネザクラの関連情報