コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミフウズラ ミフウズラ

3件 の用語解説(ミフウズラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミフウズラ
ミフウズラ

(1) Turnix suscitator; barred buttonquail チドリ目ミフウズラ科。全長 14~15cm。体は赤褐色で,灰色の細かい模様がある。営巣,抱卵,育雛は雄が行なう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミフウズラ

ミフウズラ科の鳥。翼長8cm。全体に褐色で縦や横の斑紋がある。ミフウズラ類は世界に16種おり,形はキジ目のウズラに似ているが後ろ指がなく,ツル目に属する。インドから東南アジアにかけて分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミフウズラ
みふうずら / 三斑鶉
button quail

広義には鳥綱ツル目ミフウズラ科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この科Turnicidaeは2属15種よりなり、旧世界の熱帯と南半球に広く分布する。いずれも地上生の鳥で、足指は3本(後趾(こうし)を欠く)しかなく、雄が育雛(いくすう)の役割を引き受けている。キジ目のウズラとは似ているが、直接の類縁関係はない。
 種のミフウズラTurnix suscitatorは全長約14センチメートルで、ウズラより小さい。雌雄は異色である。雄は全身黄褐色で、背にはクリーム色の縦斑(じゅうはん)、胸とわきには黒い横斑がある。雌は雄より羽色がはっきりしていて、頭上とのどは黒く、顔や胸は黒と白の縞(しま)模様である。インドから中国東部および小スンダ列島にかけて分布する。日本では、奄美(あまみ)大島以南の南西諸島に留鳥として生息している。畑や草原にすみ、地上を歩いて雑草の種子や小昆虫を食べる。飛ぶことはできるが、遠くまで飛ぶことはしない。巣は地上につくる。雌は卵を産むだけで、雄が営巣、抱卵、育雛などを行う。一腹の卵は普通4個である。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミフウズラの関連キーワードクオートNo.11坪ミフウズラ(三斑鶉)TurnixTurnix suscitator

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミフウズラの関連情報