コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミブナ(壬生菜) ミブナBrassica rapa var. laciniifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミブナ(壬生菜)
ミブナ
Brassica rapa var. laciniifolia

アブラナ科の一,二年草アブラナの変種であるが,ハクサイなどとはかなり違ったキョウナの仲間である。根出葉は叢生し,へら状長楕円形,ほとんど全縁でキョウナのように葉が裂け込まず,葉質はやや厚い。春,黄色の十字花 (いわゆる菜の花) を開く。特有の香気と辛みがあり,主として漬物にする。原産地は不明であるが,京都の壬生に古くから栽培されていたところからこの名があり,またミズナと呼ぶこともある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミブナ【ミブナ(壬生菜) Brassica campestris L.var.lanciniifolia】

アブラナ科の一・二年草。ミズナ(キョウナ)の一種で,葉に欠刻のないものをとくにミブナという。京都の特産で壬生(みぶ)寺付近(現,京都市中京区南西部地区)で数百年前から作られていたものである。ミブナは京都以外ではほとんど作られていない。最近は欠刻のあるミズナよりミブナの栽培が増えてきている。分げつ性が強く,細長く,先が丸い葉を多数つける。葉色は濃緑色で,茎は細く水分が多く軟らかい。秋から冬にかけて作るが,うね間に水を入れて栽培する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android