コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミブナ(壬生菜) ミブナ Brassica rapa var. laciniifolia

2件 の用語解説(ミブナ(壬生菜)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミブナ(壬生菜)
ミブナ
Brassica rapa var. laciniifolia

アブラナ科の一,二年草。アブラナの変種であるが,ハクサイなどとはかなり違ったキョウナの仲間である。根出葉は叢生し,へら状長楕円形,ほとんど全縁でキョウナのように葉が裂け込まず,葉質はやや厚い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ミブナ【ミブナ(壬生菜) Brassica campestris L.var.lanciniifolia】

アブラナ科の一・二年草。ミズナ(キョウナ)の一種で,葉に欠刻のないものをとくにミブナという。京都の特産で壬生(みぶ)寺付近(現,京都市中京区南西部地区)で数百年前から作られていたものである。ミブナは京都以外ではほとんど作られていない。最近は欠刻のあるミズナよりミブナの栽培が増えてきている。分げつ性が強く,細長く,先が丸い葉を多数つける。葉色は濃緑色で,茎は細く水分が多く軟らかい。秋から冬にかけて作るが,うね間に水を入れて栽培する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミブナ(壬生菜)の関連キーワードキョウナ(京菜)水菜スグキナタイサイトウナナバナヒノナヒロシマナミズナルタバガ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone