ミブナ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミブナ
みぶな / 壬生菜
[学]Brassica rapa L. subvar. oblanceolata Kitam.

アブラナ科の越年草。各地に栽培されるカブのなかから、葉を利用する、いわゆるツケナ(漬菜)類として分化したもの。キョウナにごく近縁で、キョウナB. rapa L. var. laciniifolia Kitam.と同じ学名をあてることもある。江戸時代初期から京都の壬生(みぶ)でつくられていたといわれる。同じ株から多くの根出葉を束生するが、その数はキョウナよりは少なく、また、葉身はキョウナのような切れ込みがなく、葉質もやや厚く、濃緑色である。葉は特有の辛味と香りがあり、もっぱら漬物用とされる。ほとんどが関西地方で栽培される。9~10月に播種(はしゅ)し、やや晩生(おくて)で、12月に入ってから収穫を始める。キョウナとの間に種々の雑種ができている。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミブナの関連情報