コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミムネルモス Mimnermos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミムネルモス
Mimnermos

前7世紀後半~6世紀前半のギリシアエレゲイア詩人,音楽家。コロフォンまたはスミルナの出身。愛のない人生のむなしさ,青春の楽しさと移ろいやすさ,老年悲哀などを歌う一方,神話や歴史や戦争の歌も作った。ヘレニズム時代に集められて,彼が愛したという笛吹き女の名をとって『ナンノー』 Nannōと呼ばれた詩集2巻から,わずかの断片が伝わる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ミムネルモス

前7世紀後半から前6世紀前半のギリシアの叙事詩人。小アジアのコロフォン出身。青春のうつろいやすさと老年の悲哀を歌った詩で知られる。断片のみ現存

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミムネルモス【Mimnermos】

前7世紀後半から前6世紀前半のギリシアの詩人,音楽家。生没年不詳。コロフォン出身。エレゲイア調の詩集2巻があったが,20余りの小断片のみが伝わる。1巻は,彼が愛した笛吹女にちなんで〈ナンノ〉と呼ばれた。ティトノスの物語,太陽神の東への夜の旅,コロフォンの建国,スミュルナの歴史などさまざまな主題の詩の収集である。他の1巻を成す詩の断片は,厭世的享楽主義の思想を示す。人間を枯れ落ちる木の葉にたとえ,移ろいやすい青春の喜びと老年の悲哀を強調する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミムネルモス
みむねるもす
Mimnermos

生没年不詳。紀元前7世紀に活躍したギリシアの叙情詩人。生まれはコロポンともスミルナともいわれている。恋人の名を冠した詩編『ナンノ』、ギゲスのスミルナ攻撃という史実を素材にした『スミルナ物語』の作品名が伝わっているが、詳細は不明である。残存断片では、「あわれな死よりももっとみじめな老年」に対する厭悪(えんお)を歌う句が有名。古代においては恋の詩人としての評判があり、ヘレニズム期の詩人に影響を与えている。[橋本隆夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミムネルモスの関連キーワードギリシア文学セモニデステオグニス

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android