コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュケナイ Mykēnai

世界大百科事典 第2版の解説

ミュケナイ【Mykēnai】

ギリシア本土,ペロポネソス半島北東部のアルゴリス地方にあるミュケナイ文明期の重要遺跡。ミケーネとも呼びならわされ,現代ギリシア語の発音ではミキーネ。近代ギリシアの独立後,1837年にアテネ考古学協会が設立され,41年に協会の一幹部が同協会の事業として試みたのがミュケナイ発掘の最初である。次いで74年に,前年トロイアにおいて〈プリアモスの財宝〉を掘り当てていたシュリーマンアクロポリスにおいて34ヵ所の試掘を行った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ミュケナイ【Mykēnai】

ギリシャ、ペロポネソス半島北東部にあった古代都市。一九世紀末シュリーマンによってその遺跡が発掘された。ミケーネ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ミュケナイの関連キーワードクリュタイムネストラアトレウスの宝庫イフィゲネイアミュケナイ文書アガメムノンギリシア美術ミケーネ文明カッサンドラオルコメノスティリュンスメッセニアエレクトラクレタ文明ベントリスオレステス水中考古学クレタ文字ヘラクレスアトレウスティリンス