コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミンククジラ

百科事典マイペディアの解説

ミンククジラ

コイワシクジラとも。クジラ目ナガスクジラ科のヒゲクジラ。背面は灰色がかった黒,腹面は白い。体長雌7.5m,雄8m,体重雄5t,雌6tほど。赤道周辺の熱帯域を除く各海洋に分布し,オキアミなどの小甲殻類や表層魚類を食べる。
→関連項目クジラ(鯨)国際捕鯨委員会

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

ミンククジラ

 ヒゲクジラに属する小型のクジラ.食用になるが,獲が禁止されている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミンククジラ【minke whale】

コイワシ(小鰮)クジラが古くから用いられた標準和名であるが,英名からミンクあるいはミンキーが導入され,いまではミンククジラの名称が一般的になった。ヒゲクジラ亜目ナガスクジラ科の哺乳類(イラスト)。最大10m,10tに達する小型のヒゲクジラ。背面は青黒色,腹面は白色。腹側から延びて胸びれ後方の体側に広がるアーチ状の淡色域は特徴的。胸びれの白色の帯は北半球産では明りょうであるが,南氷洋産(クロミンクとも呼ぶ)では不明りょう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミンククジラ

コイワシクジラ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミンククジラ
みんくくじら
minke whale
[学]Balaenoptera acutorostrata

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目ナガスクジラ科のヒゲクジラ。コイワシクジラともよばれたが、小さいイワシクジラと誤解されやすいので、近年ではこの名はほとんど使われない。体は紡錘形で、ナガスクジラ科のなかの最小種であり、くちばしがとがっている。背側が黒く、腹側が白いが、中間に特徴ある模様がみられる。胸びれに白帯があるが、南半球産の近縁種クロミンククジラB. bonaerensisではそれが明瞭(めいりょう)でない。くじらひげは黄白色で、クロミンククジラでは外側に黒帯がみられる。出生体長は2.7メートルで、成体の平均体長は系統と性によって差があるが、8~9メートルであり、その体重は約6トンである。氷海から熱帯の海まで広く分布し、小さな付属海にもこの種がみられる。クロミンククジラは南極ではパックアイス(流氷)の中にも侵入する。オキアミ類を主食とし、群集性魚類も好んで食べる。古くから世界の捕鯨の対象となっていたが、1986年以来国際捕鯨委員会(IWC)によって商業捕鯨による捕獲が禁止されている。資源量は豊富で、クロミンククジラだけでも76万頭以上が生息する。ミンククジラは北太平洋で3万2000頭、北大西洋で20万頭が生息する。[大隅清治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミンククジラの関連キーワード商業捕鯨モラトリアムキャッチャーボート沼田町化石館コセミクジラ国際捕鯨条約調査捕鯨極地動物沿岸捕鯨大型捕鯨小型捕鯨IWC小鰯鯨捕鯨

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミンククジラの関連情報