コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミンスキー ミンスキーMinskii

3件 の用語解説(ミンスキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミンスキー
Minskii

[生]1855.1.27. ビレンスカヤ,グルボーコエ
[没]1937.7.2. パリ
ロシアの詩人,小説家。本名 Nikolai Maksimovich Vilenkin。最初ナロードニキに近い立場から詩を書き,叙事詩『最後の告白』 Poslednyaya ispoved' (1879) などを発表したが,権力に対する憎悪から,一切のものに絶望を示すデカダン派グループに属すようになった。 1905年反政府運動に加わって逮捕されたのち,パリに亡命し,戯曲3部作『鉄の幻影』 Zheleznyi,prizrak (1909) ,『小さな誘惑』 Malyi soblazn (10) ,『カオス』 Khaos (12) を書いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミンスキー【Nikolai Maksimovich Minskii】

1855‐1937
ロシアの詩人。本名ビレンキンN.M.Vilenkin。白ロシア(ベロルシア)のグルボコエ村の貧しいユダヤ人の家に生まれ,ペテルブルグ大学法学部を卒業した。1870年代中ごろ,いわゆる市民詩派の詩人として出発したが,80年代中ごろに神秘主義的傾向を示し,ニーチェを市民的義務からの解放者とみる著書《良心の光の下に》(1890)などを発表,メレシコフスキーなどとともにロシア・デカダン派の先駆けと目された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミンスキー
みんすきー
Николай Максимович Минский Nikolay Maksimovich Minskiy
(1855―1937)

ロシアの作家。本名はビレンキンВиленкин/Vilenkin。ペテルブルグ大学卒業(1879)。1876年に文壇に登場。初期の詩はナロードニキに共感をもって迎えられ、処女詩集は検閲に没収された(1883)が、反体制的憎悪は希薄であった。論文「古い論争」(1884)は、「行為、創作における自己神格化」に行き着く個人主義を鼓吹するロシア退廃派の最初の宣言とされる。1905年に新聞『新生活』を発刊、レーニンが編集権を握り、ために体制転覆のかどで逮捕され、国外に出た。ほかにパリで書いた劇三部作『鉄の幻影』『小さな誘惑』『混沌(こんとん)』(1909~12)が重要。[島田 陽]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミンスキーの関連キーワードニコライ田中鶴吉村田清風ニコライイギリス映画淮河グスタフ5世首都圏直下地震無縁仏北方領土

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミンスキーの関連情報