コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミンナ・フォン・バルンヘルム ミンナ・フォン・バルンヘルムMinna von Barnhelm

3件 の用語解説(ミンナ・フォン・バルンヘルムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミンナ・フォン・バルンヘルム
Minna von Barnhelm

ドイツの劇作家 G.E.レッシングの戯曲。5幕の喜劇。 1767年初演。七年戦争後のドイツを舞台に,無実の罪で官職を追われたプロシア将校とその婚約者とを主人公とする,ドイツで初めてといわれる本格的な性格喜劇。暗い時代の政治,社会に対する批判もこめられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ミンナ・フォン・バルンヘルム

レッシング作の喜劇。1767年初演。七年戦争時代の庶民生活を背景に,高潔だが名誉一点張りのプロイセン将校のかたくなさが,敵方のザクセン女性ミンナの優雅と才知に克服されていくさまを示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミンナ・フォン・バルンヘルム
みんなふぉんばるんへるむ
Minna von Barnhelm

ドイツの劇作家レッシングによる五幕の喜劇。1767年刊、初演。七年戦争で負傷したプロイセン将校テルハイムは終戦とともに免官、そのうえ被占領国ザクセンでの人道的行為を曲解されて汚名を着る。誇り高い彼はその地で得た婚約者、美しく聡明(そうめい)な令嬢ミンナを断念するが、彼女は巧みな論法と策略で彼の決意を翻さす。軍人テルハイムの名誉は事の真相を知った国王により回復されるが、彼は平穏な市民生活のなかに結婚の幸福を探ろうとする。登場人物はいずれも個性に富み、台詞(せりふ)は機知と生気にあふれる。18世紀ヨーロッパの「まじめな喜劇」の傑作で、今日なおドイツ喜劇の代表作の一つ。[南大路振一]
『井上正蔵訳『ミンナ・フォン・バルンヘルム』(『世界文学全集24』1953・河出書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone