コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムパシェーレ ムパシェーレ Mphahlele, Es'kia

2件 の用語解説(ムパシェーレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムパシェーレ
ムパシェーレ
Mphahlele, Es'kia

[生]1919.12.17. 南アフリカ連邦,マラバスタド
[没]2008.10.27. 南アフリカ共和国,レボワコモ
南アフリカ共和国の作家。本名 Ezekiel Mphahlele。1977年以降 Es'kiaを使用。ソト族(→ソト諸族)出身。英語で執筆。首都プレトリアスラムで生まれ,苦学してヨハネスブルクの名門校セント・ピーターズ中学校ナタール州のアダムズ・カレッジを卒業,高等学校教師となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムパシェーレ
むぱしぇーれ
Es'kia Mphahlele
(1919―2008)

アフリカ共和国、ソト・ランド出身の小説家、文芸評論家。旧名はEzekiel。プレトリアのスラム街で生まれ、貧困と闘いながら1940年にアダムズ・カレッジで教員資格を取得。ヨハネスバーグの高校に勤務し、教員組合書記長としてバントゥー教育法反対闘争を指導して1952年に解雇され、同時に教職追放処分を受けた。転々と職を変え、雑誌『ドラム』の編集に従事しながら、1957年に南アフリカ大学で修士号を取得、短編小説を雑誌に発表。1957年にナイジェリアへ亡命するまでの貧困と差別に満ちた生い立ちは自伝『二番街にて』(1959)に詳しい。ナイジェリアでは、イバダン大学で教え、ムバリ作家芸術家クラブの創設と文芸誌『ブラック・オーフューズ』の編集に加わった。のちにパリとケニアではチエムチエミ文化センター理事として、アフリカの伝統文化の顕彰に力を尽くした。1966年にアメリカに渡り、1968年にデンバー大学で博士号を取得、デンバー大学、ペンシルベニア大学などで教鞭(きょうべん)をとり、1977年に南アに帰国、ウィツウォータズランド(ウィトワーテルスランド)大学アフリカ文学科教授となった。1987年同大学を退官、名誉教授となり、アフリカの口承詩をはじめ、アフリカの伝統文化を記録に留める作業に打ち込む。作品に短編小説集『人は生きねばならぬ』(1947)、『生者と死者』(1961)、『不壊(ふえ)の歌』(1981)、『復活の時』(1988)、自伝的小説『流浪者たち』(1971)、『帰ってきて!父(とう)さん』(1984)、長編小説『チルンドウ』(1979)、評論集に『アフリカのイメージ』(1962。改訂版1974)、『旋風の中の声』(1972)、1957年から1983年までの亡命生活をつづった自伝『アフリカ、わが音楽』(1984)などがある。なお日本ではムファレレと表記されたこともある。[土屋 哲]
『土屋哲訳『草原の子マレディ』(岩波少年文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムパシェーレの関連キーワードブリンク南アフリカ戦争アフリカーナーアフリカ菫ホワイトアフリカ南アフリカ汎アフリカ主義南アフリカ連邦アフリカデー南アフリカワイン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone