コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラサキ(紫) ムラサキ Lithospermum erythrorhizon

2件 の用語解説(ムラサキ(紫)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムラサキ(紫)
ムラサキ
Lithospermum erythrorhizon

ムラサキ科の多年草で,東アジアの温帯に分布する。日当りのよい乾燥した草原や山地に生え,日本ではほぼ全域に自生する。かつては武蔵野の代表的な野草でもあった。茎は直立して高さ 30~70cmとなり,根は太くて乾くと濃紫色となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ムラサキ【ムラサキ(紫) Lithospermum officinale L.ssp.erythrorhizon (Sieb.et Zucc.) Hand.‐Mazz.】

乾燥した草原に生えるムラサキ科の多年草(イラスト)。古くから栽培され万葉集にも歌われている。茎は直立し,高さ40~90cm。葉は無柄で互生し,長さ3~7cm,幅1~2cm,茎とともに粗い毛がある。花は白色で6~7月に咲き,カタツムリ状花序の下方から上方へ咲き進む。開花がすすむのにともなって,花序の軸は伸長し直立する。花筒は長さ約6mm,先端は5裂して平開する。萼筒は5深裂する。子房は4全裂し,花後四つの分果となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のムラサキ(紫)の言及

【紫根】より

…ムラサキ科の宿根草ムラサキの根による染料の名。は古代から東洋,西洋において高貴の色とされた。…

【武蔵野】より

…関東平野西部に広がる洪積台地の武蔵野台地をいう。北西を入間(いるま)川,北東を荒川,南を多摩川の沖積低地で限られ,西端の関東山地山麓から東端の山手台地まで東西約50kmに及ぶ広大な台地で,数段の段丘面からなり,標高20~190m。沖積地からの比高は10~40mに達している。砂礫層の上に関東ロームと呼ばれる厚い火山灰層がのり,水が乏しいため開発は遅れた。江戸時代に入って神田上水(1591),玉川上水(1654),野火止(のびどめ)用水(1655),千川上水(1696)などが開削され,享保年間(1716‐36)以降しだいに新田開発がすすみ,武蔵野新田が形成されていった。…

※「ムラサキ(紫)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ムラサキ(紫)の関連キーワード沢瑠璃草鈴柴胡砂引草千本槍田村草蔓紫紅葉唐松山瑠璃草瑠璃草ムラサキサギゴケ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone