コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫雲膏 しうんこう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

しうんこう【紫雲膏】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)紫根(しこん)当帰(とうき)に加え、黄蝋(おうろう)胡麻(ごま)油、豚脂などを含む軟膏(なんこう)。江戸時代の医師・華岡青洲(はなおかせいしゅう)(1760~1835年)が創製した。外傷、やけど凍瘡(とうそう)痔(じ)脱肛(だっこう)水虫、打撲などに用いる。傷に塗ると止血、鎮痛の効果があり、肉芽の上がりが早い。軽いやけどは跡が残らず痛みもすぐ止まる。ただし化膿していたり、ただれている傷口には使用しない。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

紫雲膏(しうんこう)

シコン(紫根)などの生薬が配合された漢方軟膏。熱傷外傷などの症状に処方される。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

紫雲膏の関連キーワードムラサキシコン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android