コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫雲膏 しうんこう

2件 の用語解説(紫雲膏の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

しうんこう【紫雲膏】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)紫根(しこん)当帰(とうき)に加え、黄蝋(おうろう)胡麻(ごま)油、豚脂などを含む軟膏(なんこう)。江戸時代の医師・華岡青洲(はなおかせいしゅう)(1760~1835年)が創製した。外傷、やけど凍瘡(とうそう)痔(じ)脱肛(だっこう)水虫、打撲などに用いる。傷に塗ると止血、鎮痛の効果があり、肉芽の上がりが早い。軽いやけどは跡が残らず痛みもすぐ止まる。ただし化膿していたり、ただれている傷口には使用しない。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紫雲膏の関連キーワード漢方薬生薬和漢薬薬酒紫根草薬方薬和薬上薬処方薬

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone