コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムーアの法則 むーあのほうそく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ムーアの法則

半導体の集積密度は18~24カ月で倍増し、チップは処理能力が倍になってもさらに小型化が進むという法則。世界最大の半導体メーカーであるインテル社創設者のひとりであるゴードン・ムーア博士が1965年に経験則として提唱したことに由来する。法則によれば、半導体の性能は指数関数的に向上するが、実際には、集積密度の向上ペースは鈍化している。このため、「集積密度」を「性能向上」に置き換えることで、法則は現在でも成立しているとされている。最近は価格対性能比で、18カ月で2分の1になるともいわれている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

ムーアの法則

シリコン集積回路の集積密度が2年でほぼ2倍になるという経験則。1965年、米インテル社のゴードンムーアがプロセッサー・チップに使われるトランジスタ数が1年で2倍になると予測したことに由来する。その後40年間、このトレンドに沿って半導体技術が進展しているのは驚異的。これは、トランジスタの微細化・高集積化により、トランジスタの単価が下がると同時に性能も向上するため。今後も当分、このトレンドは続くと予想されている。

(荒川泰彦 東京大学教授 / 桜井貴康 東京大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ムーア‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【ムーアの法則】

Moore's Law》「半導体の集積密度は18か月から24か月で倍増する」という経験則。米国の半導体メーカー、インテル社の創設者の一人、ゴードン=ムーアが提唱。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

法則の辞典の解説

ムーアの法則【Moore's law】

コンピュータの性能を示す諸指数は,2年ごとに2倍となる」.後にインテル社の創始者となったムーア(G. E. Moore)が,1960年代に将来を予見してのべた「法則」だといわれる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ムーアのほうそく【ムーアの法則】

インテルの創設者の一人、ゴードン・ムーアが1965年に提唱した集積回路の性能向上に関する経験則。「半導体の集積密度は18ヵ月から24ヵ月で倍増する」というもの。コンピューターマイクロプロセッサーの性能向上に関する予測などに使われる。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムーアの法則
むーあのほうそく
Moore's law

半導体の集積度に関する経験則に基づいた将来予測。インテル社の共同創設者であるムーアGordon E. Moore(1929― )が、フェアチャイルド・セミコンダクター社Fairchild Semiconductor在籍時の1965年に、エレクトロニクス・マガジン誌Electronics Magazineに出した論文で示したとされる。
 その論文では、集積回路で使われるトランジスタ数が、1959年以降、1年間で倍増していることに着目。その状況が維持され、10年後の1975年には約6万個の素子が集積回路に載るだろうと予測し、その予想通りの展開がみられた。また、1975年になって、さまざまな要因から進行が鈍化していることに気づき、その後の予測を2年で2倍になると修正した。この予測が本来のムーアの法則とされている。最初にこのようによんだのはムーア自身ではなく、カリフォルニア工科大学教授のミードCarver A. Mead(1934― )であった。
 インテルによると、1971年に発表した4004マイクロプロセッサーのトランジスタの数2300個から、2008年のCore i7(コアアイセブン)プロセッサーの7億7400万個になるまでの間に、約25か月ごとに2倍の割合で増えてきており、ムーアの法則をほぼ実証している。
 コンピュータの性能向上の指針として、1年半(18か月)で倍増するという経験則をムーアの法則とする記述も多くみられるが、ムーアはそのような予測をしていない。ムーア自身は、インテル社の幹部だったハウスDavid Houseによる「コンピュータの性能が18か月ごとに2倍になる」という予測と混同したものではないかと指摘している。
 いずれの場合も理論や技術によって実証されたものではないが、現実の推移とほぼ合致しているため、広く用いられている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ムーアの法則の関連キーワードゴードン ムーアスケーリング則比例縮小則

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ムーアの法則の関連情報