コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メガステネス

3件 の用語解説(メガステネスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

メガステネス

ギリシアの歴史家。生没年不詳。前4世紀末,シリアセレウコス朝の使節としてインドマウリヤ朝に派遣された。数年にわたる滞在期間中の見聞を記録した《インド誌》は当時のインドの事情を伝える貴重な資料。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

メガステネス【Megasthenēs】

インドを訪れ,見聞記《インド誌Indika》を著したギリシア人。生没年は不明。前304年ごろ,アレクサンドロスの帝国の東方領を継承したシリア王セレウコスと,マウリヤ朝の創始者チャンドラグプタとの間に講和が結ばれ,両国は使節を交換することになった。このときメガステネスは,セレウコス朝によって首都パータリプトラのチャンドラグプタの宮廷に派遣された。彼はかなり長期間インドに滞在し,帰国後に《インド誌》を書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メガステネス
めがすてねす
Megasthens
(前350ころ―前290)

古代インドの地誌・風俗等の情報を西方に伝えたギリシア人。ヘレニズム時代のシリア王国とインドのマウリヤ王朝との間に修好がなり(前302)、前者の王セレウコス1世に遣わされてしばしば後者のサンドラコットス(チャンドラグプタに比定)の宮廷を訪れ、都パータリプトラやそこへの往還での見聞を『インド誌』(4巻)に著した。その書は隠滅して今日に伝わらないが、ローマ時代の地誌記述家ストラボンや史伝作家アリアヌスの著書の典拠となり、長らく西方世界のインドへの知識の源泉であった。[金澤良樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のメガステネスの言及

【インド誌】より

…インドの地誌,歴史,およびアレクサンドロス大王の提督ネアルコス指揮下のマケドニア艦隊がインダス河口からティグリス河口に至るまでの航海記録(前326‐前325ころ)を内容とする。ネアルコス提督の報告書,メガステネスのインド見聞記などに資料を得ているので貴重な文献となっている。【高橋 通男】。…

【パトナー】より

…以後ナンダ,マウリヤ,シュンガ,カーンバ諸王朝の首都として栄えた。なかでもマウリヤ王朝のチャンドラグプタ王のときに繁栄し,当時セレウコス朝の使節としてここに駐在したメガステネスは,市の規模は15km×3kmに及び,まわりを幅180mの濠と木の防塞で囲まれ,64の市門を擁すると述べている。同王の孫アショーカ王の時代には全盛期を迎え,ここを中心に仏教文化が各地に広まっていた。…

【パーンディヤ朝】より

…その主領域は首都マドゥライを中心に今日のティルネリベリ,マドゥライ,トラバンコールの諸地域に及ぶ。前4~前3世紀にメガステネスは〈ヘラクレスの娘の創始した国パンダイヤ〉と述べ,《エリュトラ海案内記》や大プリニウス,プトレマイオスの書にもこの地の繁栄ぶりが言及されている。紀元後1~3世紀にマドゥライを中心に栄えたシャンガム文学には,チョーラ,チェーラ,パーンディヤ3王国競合の状況などが描かれている。…

【ユニコーン】より

…古典での最も古い叙述は前5~前4世紀のギリシアの歴史家,医師クテシアスによるもので,彼は〈白いロバ〉と呼んでいる。続いてメガステネスは,カルタゾオンなる,サイとおぼしいユニコーンについて記した。アリストテレスが《動物誌》第2巻で言及している〈インドのロバ〉はクテシアスからの引用である。…

※「メガステネス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メガステネスの関連キーワードインド綿インド赤ウインドマインド蘭領インドインドアーリア語インド黄カインドハンドインハンド東インド

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone