コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メシュトロビチ

百科事典マイペディアの解説

メシュトロビチ

ユーゴの彫刻家。クロアチア生れ。ウィーンの美術学校に学ぶ。ゼツェッシオンのほかロダンマイヨールなどの影響を受けた。スラブ民族独自の表現をめざし,様式化された単純な形態によるモニュメントを多く手がけた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メシュトロビチ
めしゅとろびち
Ivan Metrovi
(1883―1962)

旧ユーゴスラビアの彫刻家。クロアチアのブルポーリェ村に生まれる。篤志家の援助を得て、17歳でウィーンに出、アカデミーでヘルマン・ヘルマーや建築家オットー・ワーグナーに学ぶ。とくに後者の影響を受け、分離派(ゼツェッション)運動に参加した。熱烈な愛国者で、彫刻と建築の統合を試みた記念像を多くつくり、「ユーゴのミケランジェロ」とうたわれた。第一次世界大戦後の新生ユーゴにおいて、ザグレブの美術学校長を長く務めて後進を指導したが、第二次大戦中はスイス、イタリアに亡命。戦後アメリカの大学に招かれ、サウス・ベンドで客死。代表作は『無名戦士の墓』『生命の泉』など。[三田村右]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メシュトロビチの関連キーワードメシュトロヴィチ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android