コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メラウケ Merauke

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メラウケ
Merauke

インドネシアニューギニア島西部,パプア州の南東部にある港町。インドネシアの東端に位置し,インドネシアの全域を示すときに「サバンからメラウケまで」といわれる。メラウケ川河口東岸にあり,アラフラ海に臨む。オランダ領時代には行政の一中心。小商業都市で,ジャワ族,中国人などが居住。周辺ではパプア諸族によるサゴデンプン(→サゴヤシ),コプラの採集,加工と,マレー人による稲作が行なわれる。人口約 2万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

メラウケ(Merauke)

インドネシア東端、イリアンジャヤニューギニア島西部)南岸の港町。アラフラ海に面する。周辺にはディグル川河口部の大湿原が広がる。付近にモパ空港がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メラウケ
めらうけ
Merauke

インドネシア、西イリアン(ニューギニア島西部)南部の港町。ディグル川のつくる大湿原の南岸に位置し、アラフラ海に臨む。人口約2000。パプア・ニューギニアとの国境に近い。大湿原はほとんど未開発であるが、この付近だけはやや開かれて米、コプラなどの栽培が行われている。住民はパプア系。地方空港がある。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android