コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メルカプタン メルカプタンmercaptan

5件 の用語解説(メルカプタンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メルカプタン
メルカプタン
mercaptan

チオール基 (メルカプト基とも呼ばれる) -SH をもつ化合物。 RSHの一般式で示される (Rはアルキル基) 。メチルメルカプタン,エチルメルカプタン (単にメルカプタンと呼ばれることもある) ,ヘキシルメルカプタンなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

メルカプタン(mercaptan)

アルコールの酸素原子硫黄原子に変えたメルカプト基-SHをもつ化合物。メチルメルカプタンCH3SHなど。都市ガスなどの臭気付与剤に用いる。チオールチオアルコール

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

メルカプタン

チオール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メルカプタン
めるかぷたん
mercaptan

有機硫黄(いおう)化合物の一種で、有機化合物の水素をメルカプト基(スルファニル基)-SHで置換した化合物の総称。チオール、チオアルコールなどともよばれる。正式にはメルカプト基をもつ化合物をチオールというが、ベンゼン環に置換したものをチオフェノール、脂肪族炭化水素の誘導体をメルカプタン(この名称は正式には認められていない)と区別して使うことがある。この使い分けは、フェノールとアルコールという相当するOH置換体の場合に対応する。また硫黄と酸素が周期表で同じ酸素族に属することから、メルカプト基をもった化合物はヒドロキシ基をもった化合物と類似する点が少なくない。
 メルカプタン類は一般に揮発性で不快臭のある液体である。水やエタノール(エチルアルコール)には溶けやすく、水溶液は弱い酸性を示す(硫化水素の弱酸性に対応する)。金属とはメルカプチドとよばれる一種の塩を形成する。とくに重金属とは水に不溶性の塩となる。水銀mercuryと反応して沈殿を生じる(捕らえるcaptare)ことから、メルカプタンと命名したのはデンマークのツァイゼWilliam Christopher Zeise(1789―1847)である(1834)。
 エタンチオール(エチルメルカプタン)C2H5SHは天然ガスなどの燃料用ガスの付臭剤として使われている。スカンクの放つガスにもかなりの量のメルカプタンが含まれているといわれている。[務台 潔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のメルカプタンの言及

【スカンク】より

…また,衣服に付着すると,使用に耐えなくなるといわれる。においの主成分はメルカプタン,とくにブチルメルカプタンC4H9SHである。悪臭は天敵からの護身に役だち,白色と黒色の目だつ体色は警告色としての効果をもつものと考えられる。…

【チオール】より

…メルカプト基-SHが炭化水素基と結合した有機化合物R-SHの総称で,メルカプタンmercaptanと呼ばれることもある。アルコールの水酸基の酸素原子に代わって硫黄原子が入った形であり,チオアルコールthioalcoholともいう。…

※「メルカプタン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メルカプタンの関連情報