メルトン(英語表記)melton

翻訳|melton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

織物一種。太番手の柔らかい紡毛糸経緯に使って,平織,斜文織変化組織に織り上げ,縮絨加工をして,布面の (けば) を短く刈取り,ブラシかけをする (メルトン加工) 。表面が毳でおおわれたように見える。縮絨効果により厚さを増し,弾性に富み,保温性が大。黒無地あるいは縞柄霜降りに染めて,オーバー,マント,婦人子供服,制服などの防寒用服地として用いられる。また梳毛 (そもう) 糸を使い,メルトン仕上げをしたものを,ウーステッドメルトンという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

紡毛(ぼうもう)織物の一種。平織または綾織にし,表面を縮充させ,短く毛刈りして仕上げる。柔軟で保温性に富み,やや厚地。黒,紺,霜降りなどが多い。コート,婦人子ども服地とする。
→関連項目紡毛織物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

緯糸ともに紡毛糸(ぼうもうし),あるいは経糸に梳毛糸(そもうし)や綿糸を用い,緯糸に紡毛糸を用いた綾織による毛織物。強く縮絨(しゆくじゆう),または縮絨後起毛して織物表面を地が見えぬように毛羽立てる。風合いはややかたいが,手ざわりはなめらか,丈夫で厚いため,コート地や狩猟用上着に用いられる。イングランドのレスター州にある有名な狐狩の地,メルトン・モーブレーで作られたことに由来する。またメルトン仕上げは,縮絨後起毛してなめらかな光沢を出す仕上げ法をいう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経緯(たてよこ)ともに紡毛単糸で、組織は平織または綾織(あやおり)を用い、製織後に縮絨(しゅくじゅう)させた毛織物。したがって織り目は緻密(ちみつ)に詰まり、毛羽で表面が覆われるから、外から糸や組織はまったく見えない。またとくに起毛したものもあり、一般には毛足は短く剪毛(せんもう)してそろえられる。多くは黒無地染めにするか、毛染めで霜降りとしたもの、縞(しま)柄を現したものもある。用途は厚手のオーバー地等である。

[並木 覚]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (melton) 毛織物の一つ。紡毛糸を平織りまたは綾織りにして起毛、フェルト化したもの。厚手で保温性に富み、オーバーコートなどに使用。
※風俗画報‐一一二号(1896)流行門「フロックコートは綾絨『メルトン』等の縞物多く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のメルトンの言及

【ブロード・クロス】より

…仕上げの際,相当収縮させるため織上げ幅を広くするのでこの名がある。したがって現在では,縮絨起毛を施すタイプの毛織物,メルトン,ベロア,ビーバー,モッサなどの名称で知られる種類の織物はすべてブロード・クロスと呼ばれている。 ブロード・クロスはまた,ポプリンに似た綿織物をいう。…

※「メルトン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android