コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンヒル menhir

翻訳|menhir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メンヒル
menhir

巨石記念物一種。細長い石を1本立てたものをいう。高さは普通2~5m。 menは石,hirは細長いというケルト語に由来する。フランスブルターニュ地方を中心に西ヨーロッパに多い。記念碑なのか,墓碑なのかまだはっきりとはわからない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

メンヒル

ヨーロッパ新石器時代の巨石記念物の一つで,細長い巨石を立てたもの。フランスのブルターニュ地方に多く残る。記念碑,墓碑,祭祀のためのものなどと考えられるが明らかでない。
→関連項目カルナック列石

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

メンヒル【menhir】

〔ブルトン語で、長い石の意〕
巨石記念物の一。ほとんど加工を加えずに長大な石を単独で地上に垂直に立てたもの。新石器時代の墓標・記念碑と考えられ、ヨーロッパ西部などに分布。立て石。りっせき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メンヒル
めんひる
menhir

巨石記念物のうち、加工をほとんど加えない石を単独に立てたものの呼称。ウェールズ語でマインmaen(石)とヒルhir(長い)を意味し、立石(りっせき)と訳されている。フランス、ブルターニュ地方のロクマリアケルLocmariaquerにあるメンヒルは、倒壊して折れているが、本来長さが20メートル以上もあった巨大なものである。立石が並んだものはアリニュマン(列石)とよばれ、フランス、カルナックのものが著名である。巨石記念物で年代を確定できるものは少ないが、新石器時代から初期金属器時代に多くが建造されたと考えられている。墓の真上に置かれた墓標と解釈できるものもあるが、記念碑的性格のものが多いといわれている。[寺島孝一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のメンヒルの言及

【巨石記念物】より

…メガリスは〈巨大な石〉を意味するギリシア語に由来し,最大の石には20tを超えるものがある。1本の柱状の石を立てたものはメンヒル(立石),柱状石を1ないし数列立て並べたものはアリニュマン(列石),環状に並べたものはストーン・サークル(環状列石,ウェールズ語ではクロムレック),また巨大な平石を数個の石で支えたものはドルメン(支石墓)と呼ばれ,新石器時代後半から青銅器時代初期にかけてのヨーロッパ,特に大西洋岸に色濃く分布する。同じ頃,同地には多くの石室墓が築造された。…

【先史美術】より

…詳細は〈巨石記念物〉の項目にゆずり,ここでは美術的に重要なもののみをとりあげる。 巨石文化を残した人々は絵画や彫刻をあまりつくらなかったが,特定の地方では,土製または石製の偶像がつくられたり,メンヒルに人物の姿を浮彫したり,巨石や土器に特殊な装飾が施された。メンヒルの人像はフランスのセーヌ,オアーズ,マルヌ地方でつくられた。…

※「メンヒル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メンヒルの関連キーワード愛媛県越智郡上島町岩城ベリールアンメール島ロクマリアケールコーンウォールストーンヘンジ立て石・立石アッサム諸族アリニュマンマスキ遺跡ルシャイ族カルナックフランス史石(いし)原始美術ラリッサカーシ族亀川温泉巨石文化可愛岳クキ族

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android