コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メーストル Maistre, Joseph de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メーストル
Maistre, Joseph de

[生]1753.4.1. シャンベリー
[没]1821.2.26. トリノ
フランスの政治家,哲学者。サボイア公国に仕え,1787年同公国の議員となった。 1792年フランス共和国軍の侵入を受けて公国は消滅し,ジュネーブに亡命,スタール夫人や B.コンスタンらと交わった。 1797年よりサルジニア王国に仕官して要職につき,1803~17年特派全権大使としてペテルブルグに滞在。初めは自由主義,フリーメーソン照明派の影響を受けたが,革命後に反革命派第一の哲学者となった。伝統を根拠としてウルトラモンタニスムスを認め,王家の単一性を体現するものとして王をとらえ,絶対君主制の必要を主張した。主著『フランスについての考察』 Considérations sur la France (1796) ,『教皇論』 Du Pape (2巻,1819) ,『ペテルブルグ夜話』 Les Soirées de St. Petersbourg (2巻,1821) 。

メーストル
Maistre, Xavier de

[生]1763.11.8. シャンベリー
[没]1852.6.12. ペテルブルグ
フランスの軍人,小説家。 J.メーストルの弟。学問を好まず,18歳のときサルジニア軍に士官として入隊,フランス軍による占領後ロシアに亡命。ロシア軍士官としてカフカス (コーカサス) 遠征に加わり,将官に昇進。かたわら素朴な魅力にあふれる小説『コーカサスの捕虜』 Les Prisonniers du Caucase (1825) ,『若きシベリア娘』 Le Jeune sibérienne (25) ,随筆『部屋をめぐっての旅』 Le Voyage autour de ma chambre (1795) などを書いた。文学的には兄ジョゼフほどの名声はないが,その行動や思想においてロマン主義の先駆者と目される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

メーストル

フランスの評論家,政治家。サボアの上院議員。神秘思想の影響を受け,1796年《フランスについての考察》でフランス革命を非難,この書は亡命貴族ら王党派の理論的支柱となった。
→関連項目シオラン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メーストル【Joseph‐Marie de Maistre】

1753か54?‐1821
フランスの政治思想家。サボア公国の有力者の家に生まれる。厳格なキリスト教の教育を受けるかたわら,サン・マルタンなどの神秘思想家たちからも影響された。フランス革命の波が故国に押し寄せると亡命し,《フランスについての考察》(1796)を出版して革命を批判した。この著作はフランス王党派の亡命貴族たちの間に流布し,メーストルの思想は王党派の理論的な支柱となった。その後,サルデーニャ(当時はサボイア領)の駐ロシア大使としてペテルブルグに十数年を過ごした。

メーストル【Xavier de Maistre】

1763‐1852
フランスの作家。ジョゼフ・マリー・ド・メーストルの弟。サボア公国で生まれ軍人となったが,フランス革命時にはロシアに亡命し,ロシア軍に勤務。コーカサス(カフカス)やペルシアの戦線で活躍し,将軍に任ぜられた。その後ペテルブルグに定住し,ナポリやパリに旅行した。処女作《わが部屋をめぐる旅》(1795)には,この作家の夢想や追憶などが優美な表現で述べられている。軍隊経験を生かして著した小説《コーカサスの捕虜》(1825)では力強い筆運びを見せ,19世紀のロシア作家たちに影響を与えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

メーストル【Joseph Marie de Maistre】

1753~1821) フランスの外交官・政治思想家。一九世紀初期のフランスに現れた伝統主義の代表者。大革命を批判し、王政や教皇の権限を絶対視した。著「ペテルブルグ夜話」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のメーストルの言及

【陸羯南】より

…《青森新聞》,紋別製糖所に勤めた後,81年に上京,83年太政官文書局に入り,内閣制創設とともに内閣官報局編輯課長となる。この前後,井上毅らの知遇を得,フランスの反革命主義者J.M.deメーストルの書物を《主権原論》の題で翻訳出版する。88年政府の条約改正と欧化政策に反対して辞職,谷干城らの援助を受けて4月より《東京電報》を発刊し,同月創刊の政教社の雑誌《日本人》の〈国粋主義〉に呼応して,〈国民主義〉を唱える。…

※「メーストル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メーストルの関連キーワードボナール(Louis Gabriel Ambroise Bonald)メーストル(Xavier de Maistre)メーストル(Joseph de Maistre)バルベー・ドールビイウルトラモンタニズム政治的ロマン主義ド・メーストルサルジニア王国カトリシズムサボイア公国ボードレール11月8日社会的連帯復古主義伝統主義ラムネー4月1日ボナルド代表者外交官

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android