コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モイセーエフ モイセーエフ Moiseev, Igor' Aleksandrovich

4件 の用語解説(モイセーエフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モイセーエフ
モイセーエフ
Moiseev, Igor' Aleksandrovich

[生]1906.1.21. キエフ
[没]2007.11.2. モスクワ
ウクライナ生まれのロシアの舞踊家,振付家。ボリショイ・バレエ学校卒業後,1924~39年ボリショイ・バレエ団に在籍し,主要な役を踊った。『フットボール』 (1930) で振り付けも始め,1936年に設立された民俗芸術劇場ディレクターに就任,精力的に各地を歩き回り,収集した民俗舞踊を基盤に振り付けを行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モイセーエフ

ウクライナの舞踊家,振付家,演出家。キエフ生れ。パリ在住後7歳でロシアに移り住み,モスクワ舞踊学校を卒業。1939年までボリショイ劇場で人気ソリストとして活躍し,1930年からは創作バレエも発表。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

モイセーエフ【Igor Aleksandrovich Moiseyev】

1906‐ 
ロシアの舞踊家,振付師,演出家。1924年モスクワ舞踊学校卒業。39年までボリショイ劇場で踊り,もっとも人気ある踊り手となり,かたわら振付演出にもたずさわった。学校時代から各地の民族舞踊に興味をいだき,その蒐集の経験と知識を買われ,1937年ソ連民族舞踊団の創立に参画,以来半世紀近く芸術監督として舞踊団の育成と発展につとめた。モイセーエフ舞踊団としてその名を知られる同団は付属養成所を含め200名の団員を擁し,本拠をモスクワにおき,国内および国外の公演を行っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モイセーエフ
もいせーえふ
Игорь Александрович Моисеев Igor' Aleksandrovich Moiseev
(1906―2007)

ウクライナ出身の舞踊家、振付師。キエフに生まれる。モスクワのボリショイ・バレエ学校卒業後、同団に入り、K・ゴレイゾフスキーの『美しきジョセフ』『赤いけし』などに出演。1936年、バレエ・マスターになるとともに、ソ連邦各地の民族舞踊を紹介する民族舞踊フェスティバルを企画開催し、民族芸術劇場の監督に就任した。これを母体に翌年モイセーエフ民族舞踊団が創設され、第二次世界大戦後は盛んに海外公演も行った。さらにモイセーエフ舞踊団と改名、「ウクライナの踊り」「モルダビアの踊り」などのほか、『パルチザン』『フットボール』など自身の作品もレパートリーに加えた。バレエの振付作品に『スパルタクス』(1958)がある。1969年にレーニン賞を受賞、ソ連邦人民芸術家となった。[市川 雅・國吉和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モイセーエフの関連キーワードアシュトンチューダービガーノプティパペチパリモン振付師青山圭男霧島エリ子イワノーフ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モイセーエフの関連情報