コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モツゴ(持子) モツゴPseudorasbora parva

1件 の用語解説(モツゴ(持子)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

モツゴ【モツゴ(持子) Pseudorasbora parva】

コイ目コイ科の淡水魚イラスト)。イシモロコ(琵琶湖沿岸),クチボソ(東京),オボソ(霞ヶ浦沿岸)などとも呼ばれる。和名のモツゴは高知県の方言に由来。自然分布は日本,台湾,朝鮮半島および沿海州から華南までのアジア大陸東部一帯。日本での分布は関東以西の本州,四国および九州であったが,最近では東北地方北海道の一部にも繁殖している。また東欧のルーマニアでも1960年ころより繁殖が記録されているが,これはアジア地域からの移殖によると思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone