コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モツゴ Pseudorasbora parva

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モツゴ
Pseudorasbora parva

コイ目コイ科の淡水魚。全長6~11cm。体は細長い紡錘形でやや側扁し,口は小さくやや受け口となっている。口ひげはない。体側の各鱗の後縁には三日月形の黒褐色紋があり,体表はこの紋でおおわれる。地色黄褐色でやや金属光沢をもつ。側線は完全。繁殖期の雄は全身黒みを帯び,体側は紫色になり,吻部に数個の円錐形追星が現れる。アジア大陸東部に分布するが,日本では関東地方以南の平野部の湖沼,河川,溝などにすむ。食用。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

モツゴ

コイ科の魚。地方名クチボソ,ヤナギジャコなど。全長雄6〜11cm,雌5〜8.5cm。地色は黄褐色だが,鱗の一部が黒褐色のため,全身斑に見える。関東以西〜朝鮮半島,台湾,アジア大陸東部に分布。平野部の浅い池や細流にすむ。すずめ焼として食用にするほか,飼い鳥の餌などにもする。都会の庭園などの池にも多く,水質汚染に比較的強い。
→関連項目ハヤ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モツゴ
もつご / 持子
[学]Pseudorasbora parva

硬骨魚綱コイ目コイ科に属する淡水魚。イシモロコやクチボソともよばれる。新潟県と関東地方以南の本州、四国、九州と、ロシア連邦沿海州、朝鮮半島、中国に分布していたが、近年は北海道の一部や東北地方でも繁殖している。全長10~13センチメートル程度で、口は小さく受け口状、側線は完全である。湖沼や池、細流の泥底部に多くみられ、浮遊動物、底生動物や水草に付着している藻類、小動物など幅広く摂食する。春から夏に雄は石や貝殻などとその周辺を清掃して、縄張り(テリトリー)とし、雌に卵を産み付けさせ、その卵群を保護する。
 近縁種のシナイモツゴP. pumilaは、側線が不完全。北海道、東北地方、東海地方に分布するが、東海地方のものを別亜種ウシモツゴとみなす人もいる。両種とも案外に美味であるが、肝吸虫の中間宿主でもあるので、加熱したものを食べるように注意が要る。[水野信彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モツゴの関連キーワードカンキュウチュウ(肝吸虫)モツゴ(持子)ウシモツゴ東海地方手賀沼肝吸虫口細

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モツゴの関連情報