コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モディリアニ Amedeo Modigliani

百科事典マイペディアの解説

モディリアニ

エコール・ド・パリの代表的画家。イタリアのリボルノ生れのユダヤ人。1906年パリに出る。ブランクーシや黒人彫刻の影響を受けて彫刻を志したが,のち画家に転じた。人物を主題にした作品が多いが,とりわけ恋人ジャンヌをモデルにした裸婦像は,大胆な官能性と単純化された量感のなかに哀調をたたえて,独特の美を作り出している。
→関連項目スーティン藤田嗣治ベッケル

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モディリアニ【Amedeo Modigliani】

1884‐1920
イタリア出身のエコール・ド・パリの画家。生地リボルノ,フィレンツェに学んだあと,1906年パリに出てモンマルトル,次いでモンパルナスに住む。ブランクーシと交友をもち,彫刻を志すが,虚弱な体質と貧困のため,しだいに絵画に専念。キュビスム,黒人彫刻などの影響下に,単純化された形態と力強い描線で,モンマルトルの友人たち,妻ジャンヌ・エビュテルヌ(彼の死後,後追い自殺する)などの肖像,裸婦を描き,第1次大戦前後の不安と哀愁を表現した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

モディリアニの関連キーワードモディリアーニ(Amedeo Modigliani)モジリアーニ(Amedeo Modigliani)モディリアニ(Amedeo Modigliani)モジリアニ(Amedeo Modigliani)ペブスナー(Antoine Pevsner)藤田嗣治(1886~1968)ジャコブ(Max Jacob)藤田嗣治(ふじたつぐはる)オランジュリー美術館ジャック リプシッツハイム スーティンウンガレッティイタリア美術リプシッツシャガールグァッシュエコール松本竣介スーチンサルモン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android