モディリアニ(英語表記)Amedeo Modigliani

百科事典マイペディアの解説

モディリアニ

エコール・ド・パリの代表的画家。イタリアのリボルノ生れのユダヤ人。1906年パリに出る。ブランクーシや黒人彫刻の影響を受けて彫刻を志したが,のち画家に転じた。人物を主題にした作品が多いが,とりわけ恋人ジャンヌをモデルにした裸婦像は,大胆な官能性と単純化された量感のなかに哀調をたたえて,独特の美を作り出している。生前全く認められず,貧困と過度の飲酒による荒廃した生活の中で死んだ。
→関連項目スーティン藤田嗣治ベッケル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モディリアニ【Amedeo Modigliani】

1884‐1920
イタリア出身のエコール・ド・パリの画家。生地リボルノ,フィレンツェに学んだあと,1906年パリに出てモンマルトル,次いでモンパルナスに住む。ブランクーシと交友をもち,彫刻を志すが,虚弱な体質と貧困のため,しだいに絵画に専念。キュビスム,黒人彫刻などの影響下に,単純化された形態と力強い描線で,モンマルトルの友人たち,妻ジャンヌ・エビュテルヌ(彼の死後,後追い自殺する)などの肖像,裸婦を描き,第1次大戦前後の不安と哀愁を表現した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android