コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モニリア病 モニリアびょう

百科事典マイペディアの解説

モニリア病【モニリアびょう】

真菌症の一種で,カンジダ症とも。糸状菌の一種のカンジダ・アルビカンスカンジダ)による感染症。この菌は健康な状態で口腔,消化管,腟などに常在菌として存在するが,免疫力が落ちたときに病原性を発揮し,粘膜や皮膚に病変をきたす。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モニリアびょう【モニリア病 blossom blight】

子囊菌Sclerotinia maliによって起こるリンゴの病気。この菌の無性世代の胞子は連なって数珠つなぎになって形成される。無性世代のものの学名はMoniliaといい,monileはラテン語で首飾りの意。胞子の特徴を示す学名で病名もこれに由来する。発生する部位によって花腐(はなぐされ)病,実腐(みぐされ)病,葉腐(はぐされ)病などと呼ばれる。葉腐病が一番早く発生するが,被害が直接的なのは他の二つである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モニリア病
もにりあびょう

リンゴの病気で、病原はカビの一種で子嚢(しのう)菌に属するモニリニア・マリMonilinia maliである。発病する部位によって症状の呼び方が異なる。新葉が侵されると褐色になって腐敗し(葉腐れ)、葉柄から花の基部に病斑(びょうはん)が進展し褐変し花腐れをおこす。また、開花中に病原菌の胞子が花の柱頭に付着して侵入し幼果が腐敗する(実腐れ)。1963年(昭和38)ごろまでは、北海道や東北地方北部のリンゴ栽培地全域に発生し、流行すると収穫が激減するため、その年のリンゴの作柄を左右する重要な病害であったが、ジクロン・チウラム剤が葉腐れに卓効を示し、その使用とともに発生が少なくなった。現在では根雪期間が100日以上の所で局地的に多発する程度になっている。防除は、現在ジクロン・チウラム剤は登録が失効となっているため、これにかわる薬剤として、フルオルイミド剤、ビンクロゾリン剤、プロシミドン剤を散布して行っている。なお、モニリア病の病名は、病原菌の不完全世代の学名(属名)モニリアMoniliaに由来している。[梶原敏宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モニリア病の関連キーワード木村 甚弥木村甚弥無性世代島善鄰