モハメド アリ(英語表記)Muhammad Ali

20世紀西洋人名事典の解説

モハメド アリ
Muhammad Ali


1942.1.18 -
米国のプロボクサー,宗教家。
ルイビル(ケンタッキー州)生まれ。
本名カシアス クレイ
1960年ローマ・オリンピック大会で優勝し、同年プロに転向する。’64年リストンから世界ヘビー級タイトルを奪い、回教に入信し、改名する。’67年徴兵拒否によりタイトルを剥奪されるが、’74年フォアマンに勝ち、王座を奪還する。’78年スピンクスに敗れるが、同年スピンクスを敗り王座に返り咲く。’79年引退声明したが翌年ラリー・ホームズに挑戦、10回にノックアウトされる。61戦56勝5敗。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2012の解説

モハメド アリ
Muhammad Ali


国籍
米国

専門
元・プロボクサー

肩書
世界ヘビー級チャンピオン

本名
Cassius Marcellus(Jr.)〉 カシアス・マーセラス(Jr.)〈Clay クレイ

旧名・旧姓
Cassius〉 カシアス〈Clay クレイ

生年月日
1942/1/17

出生地
ケンタッキー州ルイビル

経歴
12歳でボクシングを始め、アマで108勝8敗。1960年ローマ五輪のライト・ヘビー級で金メダルを取り、のちプロに転向。19連勝で’64年ソニー・リストンにKO勝ち、世界ヘビー級の王者となった。翌日黒人回教徒(ブラック・ムスリム)の組織に入り、モハメド・アリと改名。以後’67年までに9回の防衛に成功。同年ベトナム戦争への徴兵を拒否、裁判沙汰となり、3年5ケ月間タイトルとライセンスを奪われた。’71年自由の身となり、’74年ジョージ・フォアマンにKO勝ちして再び王座に返り咲き、’78年2月レオン・スピンクスに敗れるまで10回の防衛戦に成功した。同年9月3度目の王座につく。’81年引退。通算成績61戦56勝(37KO)5敗。’84年パーキンソン病と診断され、言語障害などの症状が出始める。’90年11月湾岸危機についてイラクのフセイン大統領と直接対話をするためバグダッドに赴いた。現在はイスラム教の布教活動に従事。’96年のアトランタ五輪では聖火の点火者として登場した。また、ローマ五輪で優勝した後、故郷の白人レストランで肌の色を理由に入場を断られたため、金メダルをオハイオ川に捨てたとされていたが、36年ぶりにIOCにより金メダルのレプリカが授与された。’98年9月国連平和大使に任命される。’99年12月「スポーツイラストレーテッド」の“20世紀最高のスポーツ選手”の大賞に選ばれる。2001年半生を描いた映画「アリ」(マイケル・マン監督)が公開される。2002年ハリウッドの殿堂入り。「モハメド・アリ/かけがえのない日々」など評伝的映画や自叙伝「The Greatest:My Own Story」(’75年)などがある。異名は“ザ・グレーテスト”。

受賞
米国大統領市民勲章〔2001年〕 マウントアイダ大学名誉法学博士号(米国マサチューセッツ州)〔1994年〕;コロンビア大学名誉法学博士号(米国)〔1999年〕;20世紀の世界スポーツ賞〔1999年〕;米国功労賞〔2000年〕;世界スポーツ大賞(第1回)〔2000年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

367日誕生日大事典の解説

モハメド アリ

生年月日:1942年1月17日
アメリカの元・プロボクサー

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モハメド アリの関連情報