コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モミジアオイ

3件 の用語解説(モミジアオイの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

モミジアオイ

コウショクキ(紅蜀葵)とも。北米原産のアオイ科多年草で,ハイビスカスの仲間である。花壇,庭園に栽植。高さ2mほどになり,全草粉白を帯びる。葉は長い柄があり,掌状または鳥足状に深く5〜7裂する。
→関連項目アオイ(葵)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

モミジアオイ【scarlet rose mallow】

古くから観賞用として庭に植えられる,北アメリカ原産のアオイ科の大型宿根草イラスト)。中国名は紅蜀葵(こうしよつき)。高さ1~2mとなり,全草無毛,冬季地上部は枯れる。茎は直立または斜めに伸び,上部で分枝することがある。葉は掌状に5深裂し,長い柄を有する。萼は深く裂けて5片をもち,小苞片は線状で10~12本ある。8~9月に咲く花は大きく直径10~15cm,花弁は5枚,細長く,弁間にすきまができる特徴がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モミジアオイ
もみじあおい / 紅葉葵
[学]Hibiscus caccineus Walt.

アオイ科ヒビスカス属の耐寒性多年草。コウショッキ(紅蜀葵)ともいう。高さ約2メートルに達する。葉は大形で、モミジ状の切れ込みがある。8~9月、径約20センチメートルアメリカフヨウに似た赤色の5弁花を開く。朝開いて夕方閉じる一日花で、毎日新しい花を開く。アメリカのジョージアフロリダ地方原産で、花壇に植えられる。非常にじょうぶで耐暑性、耐寒性もあり、日当り風通しのよい所なら放任しても毎年開花する。大株になるので、株間は1メートルは必要である。冬季は地上部が枯れ込むので、地際(じぎわ)で刈り取るとよい。繁殖は実生(みしょう)もできるが、開花が2年目からになるので、一般には株分けがよい。株分けは春、発芽前に行う。近年モミジアオイとアメリカフヨウの種間交配種ができ、園芸品種として観賞される。[金子勝巳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モミジアオイの関連キーワード植木大山蓮華華鬘草透百合仙翁月見草業平竹灯台躑躅庭田植トリカブト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone