コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モミジカラマツ Trautvetteria japonica Sieb.et Zucc.

世界大百科事典 第2版の解説

モミジカラマツ【Trautvetteria japonica Sieb.et Zucc.】

高山帯,亜高山帯の湿った草地,ときには山地の渓流に沿った草地などに生えるキンポウゲ科多年草(イラスト)。地中に匍匐(ほふく)枝を出して栄養繁殖をし,ふつう群生する。根出葉は多くは1枚,ときに2,3枚,長い葉柄があり,長さ5~20(30)cmの葉身は基部が心形,掌状に7~9裂し,裂片には欠刻状の鋭い鋸歯がある。茎は高さ30~60cm,上部でわずかに分枝する。上部の茎葉は根生葉に似るが,小型で柄がない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モミジカラマツ
もみじからまつ / 紅葉唐松
[学]Trautvetteria caroliniensis (Walt.) Vail var. japonica (Sieb. et Zucc.) T. Shimizu

キンポウゲ科の1属1種の多年草。茎は高さ30~60センチメートル。葉は単葉で、掌状に中裂する。7~8月、散房花序をつくり、径約1センチメートルの淡黄色花を開く。萼片(がくへん)は3~5枚、開花するとじきに落ちる。亜高山帯から高山帯の湿った草原や林縁、ときに渓谷の岩壁上に生え、中部地方以西の本州、北海道、および千島に分布する。名は、花がカラマツソウの仲間に似ており、葉がモミジのようであることによる。カラマツソウ属との直接的な類縁関係はない。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone