コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モミジカラマツ Trautvetteria japonica Sieb.et Zucc.

2件 の用語解説(モミジカラマツの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

モミジカラマツ【Trautvetteria japonica Sieb.et Zucc.】

高山帯,亜高山帯の湿った草地,ときには山地の渓流に沿った草地などに生えるキンポウゲ科多年草(イラスト)。地中に匍匐(ほふく)枝を出して栄養繁殖をし,ふつう群生する。根出葉は多くは1枚,ときに2,3枚,長い葉柄があり,長さ5~20(30)cmの葉身は基部が心形,掌状に7~9裂し,裂片には欠刻状の鋭い鋸歯がある。茎は高さ30~60cm,上部でわずかに分枝する。上部の茎葉は根生葉に似るが,小型で柄がない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モミジカラマツ
もみじからまつ / 紅葉唐松
[学]Trautvetteria caroliniensis (Walt.) Vail var. japonica (Sieb. et Zucc.) T. Shimizu

キンポウゲ科の1属1種の多年草。茎は高さ30~60センチメートル。葉は単葉で、掌状に中裂する。7~8月、散房花序をつくり、径約1センチメートルの淡黄色花を開く。萼片(がくへん)は3~5枚、開花するとじきに落ちる。亜高山帯から高山帯の湿った草原や林縁、ときに渓谷の岩壁上に生え、中部地方以西の本州、北海道、および千島に分布する。名は、花がカラマツソウの仲間に似ており、葉がモミジのようであることによる。カラマツソウ属との直接的な類縁関係はない。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モミジカラマツの関連キーワード高山蝶植物帯森林限界鳥海火山帯富士火山帯亜高山帯高山帯小梅蕙草草本帯狸蘭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone