コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モリツバメ Artamus leucorynchus; white-breasted woodswallow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モリツバメ
Artamus leucorynchus; white-breasted woodswallow

スズメ目モリツバメ科。名とは異なり,ツバメ類縁が近いわけではない。全長 18cm。腰を除く背面と頭部はくすんだ灰黒色,腰と胸以下の下面は白い。はじょうぶで先がとがる。アンダマン諸島からスマトラ島東南アジアの島,ニューギニア島オーストラリアニューカレドニア島,フィジー諸島に分布する。日本では 1973年に八重山諸島西表島迷鳥が観察された。ツバメのように輪を描いて低空を飛び回り,空中で昆虫類を巧みに捕えて食べる。巣は木のくぼみなどに枝などを積んでつくる。なお,モリツバメ科 Artamidaeインドから東南アジア,オーストラリア,ポリネシアにかけて分布し,1属 11種からなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モリツバメ
もりつばめ / 森燕
wood-swallowwood-shrike

鳥綱スズメ目モリツバメ科に属する鳥の総称。この科Artamidaeの仲間は、南アジアからオーストラリアに分布し、空中採餌(さいじ)性で、十数種がある。全長14~20センチメートル。体形はツバメに似ているが、ツバメより尾が短くて太っている。羽色は黒、ねずみ色、褐色、白などのじみな鳥である。数羽の小群で生活し、樹上に椀(わん)状の巣をつくって、雌雄で育雛(いくすう)する。いくつもの巣が近接して集団でみられるのが普通である。[浦本昌紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モリツバメの関連キーワードモリツバメ(森燕)頬黒森燕顔黒森燕薄墨森燕浦本昌紀灰色森燕眉白森燕東洋区森燕

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android