コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モントセラト島 モントセラトとうMontserrat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モントセラト島
モントセラトとう
Montserrat

西インド諸島東部,小アンティル諸島北部,リーワード諸島中部にある島。イギリス海外領土。事実上の首都はセントジョーンズ。アンティグア島の南西約 40kmにある火山島で,森林に覆われた三つの山地からなる。最高峰は南部のチャンス山(915m)だったが,1995年に始まったスフリエールヒル火山の噴火により地形は大きく変わった。一連の噴火でかつての首都プリマスは壊滅,住民の 3分の2が島外に避難した。1493年クリストファー・コロンブスが発見。1632年イギリス人,アイルランド人が入植,タバコ,アイ,次いでワタ,のちサトウキビを栽培。この間しばしばフランス人の攻撃を受け,一時占領された。1871~1956年イギリス領リーワード諸島に,1958~62年イギリス領西インド諸島連邦に属していたが,その後単独の属領となった。主産業は農業で,野菜,ライム,海島綿などが栽培され,牧畜も盛ん。面積 103km2。人口 3600(2001推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

モントセラト島【モントセラトとう】

カリブ海の東部,リーワード諸島にあるイギリス領の島。1493年にコロンブスが発見した。1632年にアイルランド人が入植し,その後イギリスとフランスの間で度々領有が争われたが,1783年にイギリス領が確定した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モントセラト島
もんとせらととう
Montserrat

西インド諸島東部、小アンティル諸島中のリーワード諸島中央部の島。イギリス領の火山性の島である。面積98平方キロメートル、人口3600(2001推計)。中心都市はプリマス。アンティル諸島のなかでは未開発の島で、バナナと綿花が主産物である。山地は緑に覆われ「西のエメラルド」の名がある。1493年にコロンブスが到達、1632年からイギリスの植民が始まり、1713年にイギリス領となった。[菅野峰明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

モントセラト島の関連キーワードリーワード[諸島]非自治地域カリブ海

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android