コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤクシソウ

百科事典マイペディアの解説

ヤクシソウ

キク科の二年草。北海道〜九州,東アジアの暖〜温帯に分布し,日当りのよい山地にはえる。茎はよく分枝し,高さ30〜120cm。根出葉はさじ形で柄があるが,茎葉は無柄で茎を抱く。全体に無毛で柔らかく,ちぎると白い汁が出る。8〜11月,枝先に黄色の舌状花のみからなる径1.5cmほどの頭花を開く。果実は黒褐色で白い冠毛がある。葉の羽裂するものをハナヤクシソウという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤクシソウ【Youngia denticulata (Houtt) Kitam.】

崩壊地,路傍など,日本全土の低山の陽地に普通に見られるキク科の一・二年草(イラスト)。朝鮮,中国,インドシナにも分布する。全体に無毛。茎は多数分枝して,高さ30~100cmになり,やや細く,堅い。葉は膜質で柔らかく,裏面は粉白を帯び,切ると白色の乳液が出る。有柄の根出葉は花期にはなく,茎葉はさじ形で粗い牙歯があり,基部は茎を抱く。8~11月ころ,上部の葉腋(ようえき)から出た散房花序に,径1.5cmほどの黄色の頭花が多数つく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤクシソウ
やくしそう / 薬師草
[学]Youngia denticulata (Houtt.) Kitam.

キク科の一、二年草。全体に無毛で、切ると乳液が出る。茎は高さ0.3~1メートル、やや細く堅い。葉はさじ形で茎を抱き、質は柔らかく、裏面は粉白を帯びる。8~11月、黄色で径約1.5センチメートルの頭花を多数つける。頭花は舌状花のみからなり、花期後に下を向く。果実には白色の剛毛状冠毛があり、風により散布される。日当りのよい低山に普通に生え、日本および朝鮮半島、中国、インドシナに分布する。名は、葉形が薬師如来(にょらい)の光背に似ることによる。若葉をゆでて水にさらし、食用とする。[森田龍義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヤクシソウの関連キーワードヤクシソウ(薬師草)オニタビラコアキノノゲシ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android