コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤグルマギク

百科事典マイペディアの解説

ヤグルマギク

ヤグルマソウとも。ヨーロッパ南東部原産のキク科の一〜二年草。高さ20〜90cm。葉は長披針形で,裏面や茎には白綿毛が密生。頭は筒状花のみからなり,周囲のものは大型で,漏斗(ろうと)状になる。
→関連項目ヤグルマソウ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤグルマギク
やぐるまぎく
[学]Centaurea

キク科ヤグルマギク属の総称。学名のセントウレアの名でよばれることも多い。別名ヤグルマソウとよばれることもあるが、同名のものでユキノシタ科の植物があるので、ヤグルマギクとよぶほうが望ましい。[魚躬詔一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヤグルマギクの関連キーワードキバナニオイヤグルマ(黄花匂矢車)ヤグルマギク(矢車菊)ヤグルマソウ(矢車草)ケンタウロスタイマツバナアントシアンタチアオイカタナンセストケシアアカタテハシアニン白妙菊矢車草匂矢車国花種苗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤグルマギクの関連情報