コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤップ島 ヤップとう Yap Island

4件 の用語解説(ヤップ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤップ島
ヤップとう
Yap Island

西太平洋ミクロネシア連邦カロリン諸島中の島。最高点はタビウォル山 (187m) 。コプラを産する。ヤップ人は石貨の使用で有名。面積約 119km2。人口1万 3900 (1990推計) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヤップ‐とう〔‐タウ〕【ヤップ島】

Yap》西太平洋、カロリン諸島西部の島。四つの島が密接している。ミクロネシア連邦に属す。カナカ族が石貨を使用していたことで知られ、大きいものでは直径数メートルもある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ヤップとう【ヤップ島】

〔Yap〕 ミクロネシア連邦、カロリン諸島西部の小島。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤップ島
やっぷとう
Yap

太平洋北西部、カロリン諸島の西部にある島。詳しくいえば、ルムング、マップ、ガギル・トミル、ルール(これをヤップ島という)の四つの島が一島のように密接しているのでヤップ諸島ということもある。合計面積101平方キロメートル、人口1万5600(2001推計)。最高峰はタビウォルTabiwol山(178メートル)。日本委任統治時代(1919~45)のヤップ支庁所在地。ミクロネシア連邦(1979自治政府発足)のヤップ地区行政機関コロニアColoniaにある。石貨とグラス(草)・スカートの島として知られ、石の舗装路や石の舞台など古代遺跡に富む。[大島襄二]

住民

島民の言語であるヤップ語はオーストロネシア語族の一員であるが、中核ミクロネシア語とは系統上一線を画し、正確な系統上の位置づけは不明である。伝統的島民の生計は女性の耕作によるタロイモ、ヤムイモと男性による漁労に依存している。カロリン諸島の母系制社会の領域にあるが、ヤップの基本的生活単位は狭い範囲の父系的拡大家族で、それは特定の屋敷と結合している。他方、母系氏族は、夫方居住婚であるのでその成員は各村に分散している。ヤップの政治・社会体系を支配しているのは身分的階層秩序で、ヤップ島は百数余の村落に分割されていて、村そのものに階級があり、上層階級(ピルン)の村と下層階級(ミリンガイ)の村に二分される。
 北部のカギール地区の村は、宗教的権威を背景に、東方離島のウルシー環礁を経て、チューク諸島(トラック諸島)近くのノモヌウィト環礁に至る広大な海域における貢納・交易網を支配した。この島では儀礼的に貴重品を交換することを通じて、社会関係が維持されている。このような儀礼的貴重品である石貨と貝貨は、現在も人々の間で生き生きと交換されている。[牛島 巖]
『牛島巖著『ヤップ島の社会と交換』(1987・弘文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤップ島の関連キーワードカロリン諸島トラック諸島ミクロネシアミクロネシア諸語ミクロネシア連邦カロリン[諸島]トラック[諸島]ポナペ[島]ポーンペイ[島]ヤップ[島]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤップ島の関連情報