コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤドカリイソギンチャク ヤドカリイソギンチャク Calliactis japonica

2件 の用語解説(ヤドカリイソギンチャクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤドカリイソギンチャク
ヤドカリイソギンチャク
Calliactis japonica

刺胞動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イソギンチャク目クビカザリイソギンチャク科。体高 9cm,口盤径 6cm。体は伸長時は円筒形,収縮時は円錐台状になる。体壁は平滑で,淡黄色の地に 12本の縦列をなす赤褐色の斑点がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤドカリイソギンチャク
やどかりいそぎんちゃく / 寄居虫磯巾着
[学]Calliactis japonica

刺胞(しほう)動物門花虫(はなむし)綱六放サンゴ亜綱イソギンチャク目クビカザリイソギンチャク科に属する海産動物。日本特産種。高さ10センチメートル、幅6センチメートルぐらいになる。体表は滑らかで、肌色の地に不規則な暗紫色の豹紋(ひょうもん)がある。口盤と触手は無色半透明で、口盤には放射状の白線がある。体壁下方には小さな槍孔(やりあな)があり、体を強く刺激すると白色の細い槍糸(やりいと)を出す。ベニヒモイソギンチャクC. polypusと同じように隔膜は六枚のみが完全で、槍糸の刺胞は基棘(ききょく)刺胞とよばれる刺胞一種類のみである。相模(さがみ)湾以南の暖海の、水深50~100メートルの岩礁帯に分布し、ケスジヤドカリの入った貝殻に付着する。ヤドカリとイソギンチャクは双利共生であり、ヤドカリはイソギンチャクの刺胞で身を守られ、一方イソギンチャクはヤドカリによって移動ができ、またヤドカリの餌(えさ)の食べ残しを得ることができる。ヤドカリと共生するイソギンチャクは体壁を軽く刺激し続けると足盤の筋肉が緩み、はがれやすくなる。ヤドカリは貝殻をかえるときや、ほかのヤドカリがつけているイソギンチャクを奪うときは、自分の脚(あし)でイソギンチャクをマッサージしてはがし、新しい貝殻や自分の貝殻の上につける。[内田紘臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤドカリイソギンチャクの関連キーワードハタゴイソギンチャクハナヤサイサンゴ八放珊瑚六放珊瑚サンゴ(珊瑚)イソギンチャク(磯巾着)造礁サンゴ(造礁珊瑚)ノウサンゴ(脳珊瑚)ハマサンゴ(浜珊瑚)六放サンゴ亜綱

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤドカリイソギンチャクの関連情報