コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤドリバチ(寄生蜂) ヤドリバチparasitic wasp

1件 の用語解説(ヤドリバチ(寄生蜂)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヤドリバチ【ヤドリバチ(寄生蜂) parasitic wasp】

寄生(きせい)バチ,寄生蜂(きせいほう)ともいう。膜翅目の昆虫の中で,他の昆虫やクモなどに寄生して生活する習性をもつハチ類の総称。分類学的には,有錐(ゆうすい)類のほとんどと,原始的な有剣(ゆうけん)類,それに若干の広腰(こうよう)類が寄生性の生活を送っており,いずれもヤドリバチ呼ばれる原生動物,センチュウ,キュウチュウなどによる通常の寄生とは異なり,ハチの場合には,寄生者は最終的に対象の生物(寄主)を食い殺す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone