ヤナギラン(柳蘭)(読み)ヤナギラン(英語表記)Epilobium angustifolium; great willow herb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤナギラン(柳蘭)
ヤナギラン
Epilobium angustifolium; great willow herb

アカバナ科の多年草で,ヤナギソウともいう。北半球の冷温帯に広い分布をもつ。日本では北海道と中部以北の高原の草地など,日当りのよいところに群生する。特に伐開地や山火事の跡など植生の破壊されたところに侵入する。茎は分枝せず,高さ1~1.5mで直立する。葉は互生し披針形でやや大きく,形,質感ともにヤナギの葉に似ている。下面は粉白色で,縁にごく小さい鋸歯がある。7~8月に,総状花序を頂生し,紅紫色の花を多数つけて美しい。萼片,花弁ともに4枚あり,おしべは8本で長い。花の下につく子房は線形で長く,花後に熟すると 蒴果となる。種子の先に長い白毛がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤナギラン【ヤナギラン(柳蘭) Epilobium angustifolium L.】

アカバナ科の大型の多年草(イラスト)。名前と異なり,ランではない。亜高山帯の開けた草地や森林の伐採跡地に群生し,ときには高山帯にも及ぶ。日本では北海道から東北地方中部にかけて葉に毛のないケナシヤナギラン,東北地方から中部地方にかけて葉に毛のあるウスゲヤナギランがある。ヤナギランは,日本のほか北半球の北部全域に広く分布している。英名をrosebay,willow herb,fireweed,wicopyという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android