コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマトグサ(大和草) ヤマトグサCynocrambe japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマトグサ(大和草)
ヤマトグサ
Cynocrambe japonica

ヤマトグサ科の多年草。1科1属の植物で北半球温帯同属のもの4種が知られるが,日本にはこの1種だけが関東地方より西の山地の樹下に生える。全体はハコベに似て,茎は高さ 10~25cm,反曲する短毛がある。葉は対生し短い柄があって,長さ1~3cmの卵円形で全縁である。三角形膜質の托葉がある。雌雄同株で,4~6月に淡緑色の花をつけ,雄花には萼3個があり,つぼみのときは筒状に癒合し,開くと反巻する。雌花は小さく,無柄で基部に小包葉が1個あって,めしべ子房倒卵形で毛がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤマトグサ【ヤマトグサ(大和草) Thelygonium japonicum Okubo et Makino】

山地の木陰に生える軟弱なヤマトグサ科の多年草(イラスト)。日本の固有種で,関東以西,四国,九州に分布する。1889年に,牧野富太郎大久保三郎により,日本人の手によって最初に学名がつけられた植物である。これを記念して大和草と命名された。茎は直立して,高さ15cm内外。葉柄のある卵形の葉は対生し,長さ1~3cm。各節の葉間に,膜質の托葉がある。4~5月ころ,葉腋(ようえき)に淡緑色の単性花をつける。風媒花で,雄花には3枚の花被片があり,開くと反巻して,多数の長いおしべが下垂する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android