コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマハハコ

百科事典マイペディアの解説

ヤマハハコ

キク科の多年草。北海道,本州中部以北,東アジアヒマラヤ温帯日当りのよい山地や高山の乾燥した草地にはえる。地下茎がはい,茎は高さ30〜70cm,葉は互生し,狭披針形で幅0.5〜1.5cm,やや厚く,3脈があって下面には灰白色の長い綿毛が密生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤマハハコ【Anaphalis margaritacea (L.) Benth.et Hook.f.】

日当りのよい山地や乾いた草原に生える雌雄異株キク科の多年草で,地下茎でひろがり,群生することが多い(イラスト)。茎は高さ30~70cm。葉は6~9cmの細長い披針形で,裏に銀白色または淡褐色の綿毛を密生している。花期は8~9月。多数の頭花を散房状につける。雌の頭花では周囲に多数の雌性筒状花があり,中央部に結実しないわずかの両性花があるのに対し,雄の頭花では周囲に少数の筒状花があり,中央部に多数の両性花がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマハハコ
やまははこ / 山母子
[学]Anaphalis margaritacea (L.) Benth. et Hook. f.

キク科の多年草。茎は高さ30~70センチメートル、白色の綿毛を密生する。葉は多数互生し、狭披針(きょうひしん)形で長さ6~9センチメートル、やや厚く、3脈がある。表面は緑色を呈し、裏面は白色または淡褐色の綿毛を密生し、縁(へり)は巻き込む。雌雄異株。8~9月、枝先に散房花序をつくり、多数の頭花をつける。両性花は筒状で先に5歯があり、雌性花は糸状で花柱より短い。総包は球形で長さ5ミリメートル、総包片は乾膜質で上半は白色、下半は暗褐色で細毛を密生する。ヒマラヤから北アメリカに分布するが、日本では石川県、長野県以北の本州、北海道の山地の日当りのよい草地に生育し、西日本にはない。
 福井県、愛知県以西の本州から九州には亜種のホソバノヤマハハコが分布する。全草がヤマハハコに比べて小さく、葉幅も2~6ミリメートルと狭く、長さも約5センチメートルと短い。日本各地の川原の砂地に多くみられる亜種カワラハハコの葉は線形で、幅は約1.5ミリメートルとさらに小さい。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヤマハハコの関連キーワードホソバノヤマハハコカワラハハコ関本 平八関本平八ハギ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android