コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマブドウ(山葡萄) ヤマブドウVitis coignetiae

2件 の用語解説(ヤマブドウ(山葡萄)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマブドウ(山葡萄)
ヤマブドウ
Vitis coignetiae

ブドウ科の落葉つる植物。九州を除く日本各地の山地に普通にみられ,特にブナ帯林の中に多い。茎は長く太く,濃い褐色をしていて巻きひげで他の樹木にからむ。葉はこの巻きひげと向い合ってつき,五角状の円形で径 10~30cm,基部は深い心臓形をなす。下面に赤褐色のちぢれた毛が密生する。6月頃,葉に対生する大きな円錐花序をつけ,花序の下方には1個の巻きひげがつくことが多い。花は小さく,黄緑色で萼は輪形,花弁は先端が合着し,下方は離れ,花が終ると花床から脱離する。液果は径 1cm弱の球形で黒紫色に熟する。酸味はあるが食べられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤマブドウ【ヤマブドウ(山葡萄) Vitis coignetiae Pulliat】

山地に生えるブドウ科の大型落葉つる植物(イラスト)。つるは巻きひげで,他の木にからまって長く伸びる。葉は互生し,五角状の円心形で大きく,長さ30cmに達することもあり,普通は浅く3裂し,裏面には密に赤褐色のくも毛がある。花は小型,黄緑色で,総状花序について6月ころに開き,開花するとき,花弁は脱落する。果実は球形で径約8mm,秋に熟して黒紫色となり,酸味があるが食べられる。クマやサルなどの野生動物は,好んでこれを食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone