コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマボウシ(山法師) ヤマボウシCornus kousa; Japanese strawberry tree

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマボウシ(山法師)
ヤマボウシ
Cornus kousa; Japanese strawberry tree

ミズキ科の落葉高木で,ヤマグワともいう。北海道を除く日本各地および朝鮮半島に分布し,各地の山野に普通にみられる。幹は直立し高さ 10mに達し多数分枝する。葉は対生し,楕円形ないし卵円形で長さ6~10cmになり,全縁で多少波状にうねる傾向がある。下面の葉脈の分岐点には褐色の毛がある。初夏から夏に,短枝の先端に短い柄のある頭状花序をつける。この花序全体を4枚の大きな白色の包葉が包み,これが花弁のようにみえる。本来の花は小さく,淡黄色の目立たない花弁4枚とおしべ4本,めしべ1本でできていて,数個ずつ頭状に集る。果実は球形の集合果となり,秋に赤熟して食べられる。しばしば植物園や庭園に植えられる同属ハナミズキ (花水木) は,アメリカ原産で早春に開花し,総包片が淡紅色になるものがあり,果実は集合果とならない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヤマボウシ(山法師)の関連キーワードミズキ科