ユキワリソウ(雪割草)(読み)ユキワリソウ(英語表記)Primula modesta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユキワリソウ(雪割草)
ユキワリソウ
Primula modesta

サクラソウ科の多年草ユキワリコザクラともいう。本州中部以北の高山のやや湿った岩場などに生える小さな草で,葉は楕円形で長さ3~10cmあり,多数根生する。葉縁に波状の低鋸歯があり,下面には淡黄色の粉 (フラボノイド) が一面についている。夏に,高さ7~15cmの花茎を伸ばし,茎頂に散形花序をなして多数の淡紫色の花がつく。花冠の下部は筒状,上部は5裂して広がり,径1~1.5cmになる。花後長さ5~8mmの筒状の 蒴果を結ぶ。まったく別植物 (キンポウゲ科) のスハマソウ (州浜草)ミスミソウの別名としてユキワリソウの名が使われることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android