ユキワリソウ

百科事典マイペディアの解説

ユキワリソウ

本州中部〜九州の山地の岩場にはえるサクラソウ科の多年草。葉は広倒披針形で長さ3〜8cm,上面には少しくぼんだ葉脈があり,下面は黄粉をつける。春,高さ10cm内外の花茎を立て,上端に数個の花をつける。花は淡紅色で径15mm内外。花冠は5裂し,裂片はさらに2裂する。変異が多く,レブンコザクラ,ユキワリコザクラなどの変種がある。またこの名はキンポウゲ科のミスミソウにも用いられる。
→関連項目高山植物サクラソウ(桜草)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユキワリソウ
ゆきわりそう / 雪割草
[学]Primula modesta Bisset et Moore

サクラソウ科の多年草。葉は多数根生し、へら形で下方は細くなって葉柄との区別はつかず、周縁に丸みを帯びた鋸歯(きょし)がある。表面は葉脈のしわがあり、裏面は白黄色の粉がつく。初夏から夏、約10センチメートルの花茎を出し、淡紅紫色の小花を多数かんざし状につける。高山の日当りのよい湿った岩地に生え、中部地方以北の本州、北海道に分布する。雪解けとともに開花するので、この名がある。また、キンポウゲ科の早春の植物であるスハマソウやミスミソウもユキワリソウとよぶことがある。変種のユキワリコザクラ(雪割小桜)は葉形がさじ形で、下方は細長い柄となること、縁(へり)にほとんど鋸歯がないことで区別される。両種とも山草愛好者が鉢やロック・ガーデンに植える。火山性の砂やミズゴケで植え、夏は乾燥と暑さから守るため、植木鉢の底を浅い水に浸しておくと安全に夏越しできる。[鳥居恒夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ユキワリソウの関連情報