コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨウジウオ ヨウジウオSyngnathus schlegeli

3件 の用語解説(ヨウジウオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨウジウオ
ヨウジウオ
Syngnathus schlegeli

トゲウオ目ヨウジウオ科の海水魚。全長 30cm内外。体はきわめて細長く,全体として箸,あるいはようじを思わせる。吻は細長く突き出し,口はその先に開き,歯はない。体は黒褐色で,真皮性の骨板でおおわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヨウジウオ

ヨウジウオ科の魚。全長30cm。タツノオトシゴなどに近縁。体は細長く,堅い骨板でおおわれ,楊枝(ようじ)のようなのでこの名がある。雄は尾部腹面に育児嚢がある。日本各地の沿岸,朝鮮半島に分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨウジウオ
ようじうお / 楊枝魚
pipefish

硬骨魚綱トゲウオ目ヨウジウオ科ヨウジウオ亜科Syngnathinaeに属する魚類の総称、またはそのなかの1種。世界各地の暖海に分布するが、若干の種類は寒帯にも生息する。90メートル以浅の沿岸や汽水にすむが、淡水にもいることがある。世界で230種余りが知られ、そのうち日本からはおよそ42種が記録されている。体は著しく延長して細長く、完全に骨質板で覆われる。尾部はまっすぐに伸びて曲がらないこと、および尾びれがあるのがタツノオトシゴ類との大きな違いである。吻(ふん)は管状で、その先端に小さな口があり、スポイトのように急に海水とともにプランクトンを吸い込んで食べる。春から夏にかけて産卵する。雄の胴の腹面または尾部の下面に受精した卵を保護する特別な装置がある。腹面の両側に低い皮褶(ひしゅう)があり、これに挟まれて多数の卵が露出したまま一層に付着したもの、左右の皮褶が合一して完全な育児嚢(のう)を形成し、その中に卵が入れられているものなど、種によってさまざまな形状がある。育児嚢の中の卵は、その組織からある程度の栄養を取り込む。
 和名ヨウジウオSyngnathus schlegeliは、北海道~九州の日本各地、朝鮮半島、南シナ海などの沿岸の藻場や河川の汽水域に生息する。背びれや育児嚢が尾部にあり、育児嚢の中に卵を完全に包み込むこと、背びれ条数が多い(35本以上)ことなどが特徴。全長30センチメートル余りになる。受精した卵は楕円(だえん)形で長径1.2ミリメートル、短径1ミリメートルで、育児嚢と胎盤状組織で密着する。育児嚢の中で孵化(ふか)した仔魚(しぎょ)は全長7ミリメートルであり、1週間前後で5、6月ごろに全長10ミリメートルの稚魚となって産み出される。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヨウジウオの関連情報