コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨルダーンス ヨルダーンスJordaens, Jacob

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨルダーンス
Jordaens, Jacob

[生]1593.5.20. 〈洗礼〉アントウェルペン
[没]1678.10.18. アントウェルペン
フランドル画家。ペーテル・パウル・ルーベンスの師であったアダム・ファン・ノールトに師事し,同時にルーベンスから強い影響を受けた。1645年カルバン派(→カルバン主義)のプロテスタントとなったが,ローマ・カトリック教会の祭壇画を多く制作。また数多くの風俗画を描き,神話や寓話もしばしば風俗画的に表現した。ルーベンスの死後,彼の後継者としての名声を得て多くの弟子を擁し,当時の画家たちの協力を得て多数の絵画を制作。主要作品『画家の家族』(1622~23頃,マドリードプラド美術館),『豊饒』(1625頃,ベルギー王立美術館),『王の酒宴』(1638頃,ベルギー王立美術館),『プロメテウス』(1640~45,ケルン,ワルラフ=リヒアルツ美術館)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヨルダーンス

フランドルの画家。アントウェルペン生れ。一時ルーベンスの工房で働き,その影響を大きく受けた。練達した技巧とカラバッジョ風の明暗法により,多くの題材をこなしたが,その真価はフランドル的精神の横溢する風俗画によく現れている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヨルダーンス【Jacob Jordaens】

1593‐1678
フランドルの画家。アントウェルペン(アントワープ)に生まれ,かつてルーベンスの師でもあったファン・ノールトAdam van Noortに学び,1615年に同地の画家組合に加入。初期作品には,1610年代のルーベンスの彫刻的人体把握の影響と,ルーベンスらイタリア帰りの画家を介して知ったカラバッジョ風の鮮烈な明暗効果が認められる。ただし人体造形は,彼らの古典的規矩をはずれた生々しいものである。前景一面に形態を詰め込み,奥行空間をほとんど示さないのもとくに初期に著しい特色で,この装飾的傾向は生涯に数多く手がけたタピスリーの意匠に生かされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨルダーンス
よるだーんす
Jacob Jordaens
(1593―1678)

フランドルの画家。アントウェルペン(アントワープ)に生まれ、同地に没。1607年出生地の画家組合にノールトAdam van Noort(1562―1641)の弟子として記録されている。15年に独立、翌年ノールトの長女と結婚、21年にはアントウェルペン画家組合長に選ばれた。ルーベンスの影響を強く受け、ファン・ダイクに次いで17世紀フランドルの第三の画家に数えられる。彼の才能は宗教画、歴史・神話画、寓意(ぐうい)画、装飾画など多方面にわたって発揮されたが、本質的には当時の市民的な基盤にたつもので、市民の日常生活を描いた作品に秀作が多い。神話や古典に取材した作品にも現世的・風俗的な要素がしばしばうかがわれる。代表作に『芸術家とその家族』(マドリード、プラド美術館)、『農夫とサテュロス』(カッセル国立絵画館)、『パンとスフィンクス』(ブリュッセル王立美術館)など。[野村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヨルダーンスの言及

【フランドル美術】より

…構想画の優位もルーベンス個人に負うところが少なくないし,彼が肖像画,風景画,風俗画をも手がけ,風景画家や静物画家との共同制作も行っていることは,その様式の支配力をいっそう強固なものとした。ルーベンスに次ぐ存在は,どちらも一時期ルーベンスの協力者であったA.ファン・デイクJ.ヨルダーンスである。前者はとくに洗練された貴族的肖像画をもって名を成し,イギリス宮廷に仕えて同国美術の展開に多大な影響を与えた。…

※「ヨルダーンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヨルダーンスの関連キーワードペーテル・パウル・ルーベンスフランドル美術ルーベンス派5月15日リス

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android