コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨーデル ヨーデル yodel; Jodel

7件 の用語解説(ヨーデルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨーデル
ヨーデル
yodel; Jodel

スイスやオーストリアアルプス山地の住民の間で歌われる一種の民謡,またはその歌い方。メロディーはおもに分散和音から成り,幅広い音程で胸声と高いファルセットを頻繁に交代させながら母音唱法に近い歌い方でうたわれるのが特徴。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヨーデル(yodel/〈ドイツ〉Jodel)

スイスやオーストリアのアルプス地方で、地声と裏声とを急速に交錯させて歌われる民謡。また、その歌唱法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヨーデル

スイス,オーストリア(ティロル),南ドイツバイエルン)などアルプス地方の民衆や牧人の民謡およびその歌唱法。胸声と裏声(ファルセット)の急速な交代,旋律の上下動を特色とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ヨーデル

ポピー製紙が販売するトイレットペーパーの商品名。古紙を使用。シングル、12ロール入り。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヨーデル【Jodel[ドイツ]】

通常の低い胸声と高い頭声,仮声(ファルセット)とを急激に交替させて歌う特別な唱法。音質の転換の点で男声のヨーデルがとくに美しい。アルプス山地のヨーデルがとりわけ有名であるが,他の山岳地帯や,アフリカピグミーメラネシアなどにもみられる。ヨーロッパではおそらくアルペンホルンの倍音列を模倣した母音唱法として発展したものと思われる。民族音楽学の対象として興味深い。【谷村 晃】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ヨーデル【Jodel】

スイスやオーストリアのアルプス地帯で歌われるファルセット(裏声)を交えた独自の民謡ならびにその唱法。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨーデル
よーでる
Jodelドイツ語
yodelyodle英語

アルプス地方で歌われている独特の歌唱法、およびそれを含んだ楽曲形式をいう。胸声と裏声(ファルセット)を急速に交代させる歌い方に特色がある。意味のない音節で歌われ、曲の一部分(とくに最後のリフレーンの部分)に用いられることが多いが、一曲すべてがヨーデルのみで歌われるものもある。またソロのヨーデルをドローン合唱のうえに浮かび上がらせる歌い方や、ヨーデルの二重唱三重唱もみられる。その起源は明らかではなく、牛飼いの動物への掛け声や仲間への通信手段、魔除(よ)け、あるいはアルペンホルンの模倣によるなどさまざまな説がある。また類似の歌唱法は世界各地にあり、アフリカのピグミーの合唱やメラネシアにおけるものが有名である。日本でも青森県津軽の民謡『ホーハイ節』において、よく似た歌唱法が部分的に使用される。[田井竜一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヨーデルの言及

【スイス】より

…第1にヨーロッパの分水嶺としての位置から,ドイツ・オーストリア,フランス,イタリアの影響を受けながら総合をもたらしていること。第2は山国という自然の要塞としての住居が民俗音楽の伝承を比較的安泰に守り,アルペンホルンヨーデルなど,アルプスの音楽習俗を今日に保っている。 中世のスイスはフランス,イタリア(ミラノ)の典礼から影響をうけ,北東部ザンクト・ガレン修道院で独自の貢献を教会音楽,特にセクエンティアの領域でなした。…

【ファルセット】より

…16世紀の多声音楽では,アルトやソプラノがファルセットによって歌われ,カストラートに対して〈自然な声〉と呼ばれた。こうした習慣は19世紀まで続き,今日でもイギリスの男声合唱〈グリー〉や,音色効果を生かして民俗音楽(スイスのヨーデルなど)に使われている。【井形 ちづる】。…

※「ヨーデル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヨーデルの関連キーワード裏声ファルセットプファルツ仮声胸声声区頭声ファルシプファルツ城アスファルト鉱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヨーデルの関連情報